エラーページ(404)

このヘルプページでは、「エラーページ(404)」がディメンションとして機能する方法を説明します。詳しくは、エラーページ(404)指標を参照してください。

エラーを含む URL を示す「エラーページ(404)」ディメンション。このディメンションは、訪問者がサイトで発生するエラーの数を減らす場合に役立ちます。

  • このディメンションをフロービジュアライゼーションで使用して、訪問者がエラーに到達するためにクリックスルーしたページを確認できます。その後、組織の開発チームと協力して各ページのリンクを修正できます。
  • このディメンションをリファラーディメンションと共に使用して、外部リンクから訪問者がサイトに到達した場所を確認できます。その後、目的の場所にリダイレクトを実装するか、サードパーティと協力してリンクを修正します。

このディメンションへのデータ入力

このディメンションは、イメージリクエストの pageType クエリ文字列と g クエリ文字列からデータを取得します。pageType クエリ文字列が errorPage に等しい場合、g クエリ文字列(ページ URL)が記録されます。AppMeasurement は、pageType 変数を使用してこのデータを収集します。pageType 変数が定義されていない場合、または errorPage 以外の値に設定された場合、このディメンションのデータは収集されません 。

ディメンション項目

ディメンション項目には、エラーが発生したサイト上のページの URL が含まれます。

このページ