マーケティングチャネルの詳細

「マーケティングチャネルの詳細」ディメンションは、'ラストタッチチャネルの詳細'ディメンションと同じように機能します。 このディメンションは、カスタムアトリビューションを使用するレポートで使用するために導入されました。カスタムアトリビューションにおいては「ラストタッチ」は正確でないため、カスタムアトリビューションマーケティングチャネルレポートを表示したユーザーは「ラストタッチ」ラベルについて混同していました。Adobeでは、一般的な「マーケティングチャネルの詳細」ディメンションが導入されたので、アナリストは、誤解を招く「ラストタッチ」ディメンションラベルを使用することなく、カスタムアトリビューションマーケティングチャネルレポートを作成できます。

このページ