CDA Workspace テンプレート

アドビのオファーは、重要なクロスデバイスパフォーマンスデータを確認するためのテンプレートを提供します。

  1. experiencecloud.adobe.com に移動し、Adobe ID の資格情報を使用してログインします。
  2. 上部の 9 グリッドアイコンをクリックし、「Analytics」をクリックします。
  3. 上部の「Workspace」をクリックし、「新しいプロジェクトを作成」をクリックします。
  4. 「Journey IQ:デバイス間の分析」テンプレートを見つけ、「作成」をクリックします。
  5. プロンプトが表示されたら、CDA をサポートするレポートスイートに変更します。

複数のパネルを含む Analysis Workspace プロジェクトが作成されます。上部に目次と紹介が表示され、レポートにコンテキストを表示したり、個々のレポートに移動したりできます。目次内のリンクをクリックするか、パネルのアコーディオンを展開して、これらのレポートを表示します。

  • Co-op グラフのメンバーに関する特別な注意事項:Co-op グラフがサポートされる地域とサポートされない地域の訪問者が、レポートスイートのどの部分に含まれているかが表示されます。
  • ユーザーの ID:クロスデバイス分析に基づくメソッドを使用して、サイトへの訪問者を識別する頻度を示します。
  • オーディエンスサイズの測定:「個別デバイス数」と「人」の比較を表示します。この 2 つの数値の比率は「クロスデバイス圧縮」と呼ばれ、このパネルに表示される計算指標です。この圧縮指標は、次の様々な要因によって異なります。
    • Co-op グラフまたはプライベートグラフの使用:一般に、Device Co-op を使用する組織は、プライベートグラフを使用する組織よりも圧縮率が高くなる傾向があります。
    • ログイン率:サイトにログインするユーザーが増えるほど、アドビはデバイスをまたいで訪問者を識別し、関連付けられるようになります。サイトのログイン率が低い場合は、圧縮率も低くなります。
    • Experience Cloud ID の有効範囲:ECID を持つ訪問者のみを結び付けることができます。ECID を使用してサイトに来訪した訪問者の割合が低くなると、圧縮率も低くなります。
    • 複数のデバイスの使用:サイトの訪問者が複数のデバイスを使用していない場合は、圧縮率が低くなります。
    • レポート精度:通常、日別の圧縮は、月別または年別の圧縮よりも小さくなります。1 人のユーザーが 1 日で複数のデバイスを使用する機会は、1 ヶ月のうち 1 日だけ使用する場合よりも少なくなります。セグメント化、フィルタリングまたは分類ディメンションを使用した場合も、圧縮率が低くなります。
  • 人ベースのセグメント:デバイス固有のデータを確認できるセグメントドロップダウンが含まれます。このパネルでは、セグメントを使用し、デバイスタイプを含める場合と除外する場合とで、レポートにどのように影響するかを確認することを推奨します。
  • クロスデバイスジャーニーの分析:デバイスタイプに基づいたフローレポートとフォールアウトレポートを提供します。
  • クロスデバイスのアトリビューション:Journey IQ と Attribution IQ の機能を組み合わせます。
  • その他のヒント:CDA をさらに活用できる、CDA に関する便利なトピック。

このページ