指標の互換性

「製品の互換性」の 3 つのオプションについて説明します。

計算指標ビルダーで計算指標または高度な計算指標を作成する場合、指標は、1 つ以上のオプション(「現在のデータ」、「処理済みのデータ」またはマーケティングチャネルレポート)と互換性があるものとして表示されます。

互換性の対象 説明
現在のデータ

Analytics の「現在のデータを含む」オプションを使用すると、ほとんどの場合、データが完全に処理されてファイナライズされる前に最新の Analytics データを表示できます。「現在のデータ」には、ほとんどの指標が数分以内で表示され、迅速な意思決定を可能にする実用的なデータが提供されます。

「現在のデータ」では、計算指標(乗算、除算、加算、減算を含む指標)のみがサポートされます。「現在のデータ」では、高度な計算指標(セグメントや関数を含む計算指標)はサポートされません。

処理済みのデータ

処理がすべて完了し、セグメントと分類を含むデータです。データが完全に処理された後、すべての指標を表示する場合は、現在のデータユーザーグループからユーザーを削除して「現在のデータ」を無効にできます。

マーケティングチャネルレポート

ファーストタッチ配分を使用する指標は、マーケティングチャネルレポートとのみ互換性があります。

このページ