レポートの機能

ツールバー、カレンダー、詳細テーブルなど、レポートの機能について説明します。

この例では、ページレポートを示しています。設定オプションは実行するレポートによって異なることがあります。例えば、サイトコンテンツレポートで、「トレンド」や「ランク」を選択するのではなく、サイト指標レポートの精度やページ名を指定する場合があります。

重要

2023 年 12 月 31 日(PT)をもって、アドビは Reports & Analytics およびそれに付随するレポートと機能を廃止する予定です。その時点で、Reports & Analytics およびそのすべてのレポートとスケジュールは機能を停止します。Reports & Analytics を構成しているレポート、ビジュアライゼーションおよび基盤技術は、アドビの技術標準に適合しなくなりました。Reports & Analytics のほとんどの機能は、Analysis Workspace 内で使用できます。2015年の Analysis Workspace のリリース以降、Reports & Analytics の機能は Analysis Workspace に移行され、同等のワークフロー機能を提供できるようになりました。このお知らせでは、提供終了プロセスについて説明します。

ページレポートの例

ページレポートの例を示します(レポートサイトコンテンツページレポートページ)。

レポートのツールバー

レポートデータを意思決定者と共有し、そのデータに基づいてサイトやマーケティング戦略を変更できるようにします。

レポートのカスタマイズ」も参照してください。

レポートのヘッダーと設定

レポートの設定を表示し、レポートの種類の構成、指標の選択などを行うことができます。このグループで使用可能なオプションは、実行するレポートによって変わります。

詳細については、「レポートのカスタマイズ」を参照してください。

カレンダー

カレンダーボタンをクリックして、日付範囲を選択して、日付を指定します。2 つの期間を選択して、パフォーマンスを比較することもできます。

日付または日付範囲の選択および日付の比較を参照してください。

グラフのタイプ

表示するグラフや表の種類を選択し。

レポートグラフの変更を参照してください。

グラフの表示

選択したグラフの種類によりますが、通常は詳細リストにある最初の数項目が表示されます。異なる期間を表示するトレンドグラフでは、全期間が表示されます:

レポートのカスタマイズを参照してください。

指標

レポートに指標を追加します。管理者はレポートごとにデフォルトの指標を指定できます。

指標を参照してください。

詳細テーブル

レポートデータの大部分は詳細データです。この場合はページのリストが表示され、ページビュー数(期間内に読み込まれた回数)が表示されます。

詳細テーブルで、データのフィルタリング、内訳の表示、指標の追加などを行うことができます。

レポートのカスタマイズ」を参照してください。

このページ