下位関係

完全な下位関係は、すべてのコンバージョンレポートで有効であるため、eVar を別の eVar によって分類できます。レポート表の分類基準メニューは、標準 Analytics レポートメニューに一致し、選択の整合性を維持しています。

下位関係の仕組み

下位関係の仕組みを理解するために、次の例を考えてみましょう。

  1. あるユーザーが、Campaign_A を介してサイトを訪問し、ホームページにアクセスします。
  2. このユーザーは「cats」を検索し、検索結果が表示されます。内部検索用語は eVar1 で追跡されます。
  3. このユーザーがメーリングリストに登録します。このメーリングリストは event1 を使用して追跡されます。
  4. 別のユーザーが、Campaign_A を介してサイトを訪問し、ホームページにアクセスします。
  5. このユーザーは「kittens」を検索し、検索結果(eVar1)が表示されます。さらに、メーリングリスト(event1)にも登録します。

トラッキングコードレポートを取得すると、次のように表示されます。

eVar1 レポートを取得すると、次のように表示されます。

キャンペーンレポートを eVar1 によって下位関連付けすると、次のように表示されます。

eVar1 レポートを Campaign によって下位関連付けすると、次のように表示されます。

コンバージョン変数には永続性があるので、eVar 値の保存には 2 つのデータ列が使用されます(1 つは発生する値、もう 1 つは永続化する値を保存)。この例の生データのエクスポートを見てみると、次のようになります(この例では簡略化しています)。

バックエンド処理によって、post_campaign と post_evar1 は campaign と evar1 に定義された値を永続化できます。下位関係レポートは、特に成功イベントを含むヒット数のみを調べます(薄い黄色で示す行)。その後、永続化された値(この例では、明るい黄色で示す post_campaign および post_evar1 セル)に基づいて、下位関係レポートにデータを入力します。

基本的に、下位関係は、次の手順に従ってレポートにデータを入力します。

  • そのレポート内で表示している成功イベントを含むイメージリクエストを切り離します。
  • 下位関係で使用されている各コンバージョン変数から、永続化された値を返します。
  • 返された値を、下位関係の順序に基づいて整理します。変数に永続化された値がない場合(eVar が定義されていない、有効期限が切れている場合など)、変数は「なし」にグループ化されます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now