Report Builder の Visual Basic マクロ

VBA マクロは Visual Basic マクロとも呼ばれ、Microsoft Excel だけでは操作できない方法でブックを操作できます。Visual Basic は、ブック、Excel、Windows にもアクセスできます。

アドビは 3 つの Report Builder API メソッドをサポートしています。最新バージョンの Report Builder がインストールされていることを確認し、マクロを実行する前にログインします。

重要

セキュリティ上の理由から、マクロを含むブックをスケジュールすることはできません。

RefreshAllReportBuilderRequests()

次のマクロは、アクティブなワークブック内のすべての Report Builder リクエストを最新の情報に更新します。RefreshAllReportBuilderRequests()まず Report Builder COM Add-in をその製品 ID で呼び出し、次に RefreshAllRequests() API コマンドを呼び出します。

Sub RefreshAllReportBuilderRequests()
 
 Dim addIn As COMAddIn
 Dim automationObject As Object
 Dim success As String
 Set addIn = Application.COMAddIns("ReportBuilderAddIn.Connect")
 Set automationObject = addIn.Object
 success = automationObject.RefreshAllRequests(ActiveWorkbook)
 
End Sub

RefreshAllReportBuilderRequestsInActiveWorksheet()

RefreshAllReportBuilderRequestsInActiveWorksheet() マクロは、アクティブなワークブック内のすべての Report Builder リクエストを最新の情報に更新します。RefreshWorksheetRequests() API 呼び出しは、ワークシートオブジェクトを引数として受け取ります。 この呼び出しは、Report Builder 要求を含むワークシートに対して使用できます。

Sub RefreshAllReportBuilderRequestsInActiveWorksheet()
 
 Dim addIn As COMAddIn
 Dim automationObject As Object
 Dim success As String
 Set addIn = Application.COMAddIns("ReportBuilderAddIn.Connect")
 Set automationObject = addIn.Object
 success = automationObject.RefreshWorksheetRequests(ActiveWorkbook.ActiveSheet)
 
End Sub

RefreshAllReportBuilderRequestsInCellsRange()

RefreshAllReportBuilderRequestsInCellsRange() マクロは、セル出力が指定した範囲のセルと交差するすべての Report Builder リクエストを最新の情報に更新します。次の使用例は、作業中のブック内の「Data」ワークシートで B1:B54 の範囲を指すセル範囲を指定します。範囲式は、サポートされる Excel 範囲式をすべてサポートしています。

Sub RefreshAllReportBuilderRequestsInCellsRange()
 
 Dim addIn As COMAddIn
 Dim automationObject As Object
 Dim success As String
 Set addIn = Application.COMAddIns("ReportBuilderAddIn.Connect")
 Set automationObject = addIn.Object
 success = automationObject.RefreshRequestsInCellsRange("'Data'!B1:B54")
  
End Sub

このページ