スケジュールされたタスクマネージャー

スケジュールされたタスクマネージャーでは、受信者、スケジュールの詳細、ファイル形式と共に、既存の予定レポートのリストを表示できます。また、実行に失敗したスケジュール済みワークブックを再アクティブ化することもできます。

過去のスケジュールされたタスクの一時停止

2022 年 4 月 22 日に、パフォーマンスと配信の最適化の一環として、Report Builderの予定タスクに変更を加えました。 これらの変更により、スケジュールされた配信の「x 回後に終了」機能が削除されることが含まれていました。 お客様の複数の要望に応えて、代替案の検討や導入にさらに時間をかけようと、アドビでは、このオプションを以前まで限られた方法で復元することにしました。 2023 年 1 月 31 日.

引き続き、時間別のReport Builderタスクをスケジュールでき、最大 99 回のタスクの後にタスクを終了させることができます。 ロールバックは時間別タスクにのみ適用されることに注意してください。「x 回後に終了する」回数は、その他のすべての配信間隔(日別、週別、月別、年別)では使用できなくなります。

このオプションは 2023 年 1 月 31 日に廃止されます。
その他の質問やサポートについては、Adobeカスタマーケアにお問い合わせください。

特に、この一時停止は、2020年1月31日(PT)より前に作成されたすべてのタスク​に適用されます。タスク、ワークブックまたはデータは削除されません。2 年以上経過したタスクは一時停止され、スケジュールされたタスクはそれ以上送信されません。

送信を再開するタスクは、再アクティブ化できます。Report Builder にログインし、 スケジュールされたタスクマネージャーを起動します。送信を再開するスケジュールされたタスクの「再アクティブ化」をクリックします。再アクティブ化されるタスクの有効期限は、有効期限が短い場合を除き、デフォルトで 18 か月になります。

また、作成日が 2 年未満で、現在の有効期限がない(または有効期限が 2 年を超える)タスクには、デフォルトで 18 か月の有効期限が適用されます。新しい有効期限は 2023年10月15日(PT)です。この有効期限は 18 か月未満に編集できますが、18 か月より長い期間には編集できません。有効期限が切れると、タスクは一時停止します。ただし、18 か月の新しい有効期限を指定してタスクを再アクティブ化することができます。タスク、ワークブックまたはデータは削除されません。

この一時停止の目的は、必要なタスクやワークブックに最適なパフォーマンスと配信を確保するために、スケジュールされたタスクデータベースを効果的に管理および維持することです。これは、今後の新しいガバナンスポリシーの役割を果たします。2023 年 1 月 31 日以降、すべてのタスクの有効期限は 18 ヶ月になります。 18 か月後、期限切れのタスクは一時停止され、必要に応じて再アクティブ化できます。

スケジュールされたタスクの設定

フィールド 説明
「予定レポート」タブ
レポート名 スケジュールされたタスクの名前。
メール / FTP 受信者のメールアドレスまたは FTP アドレス。注意:​電子メールを選択すると、1 MB を超えるレポートは自動的に .zip ファイルとして電子メールに添付されます。この機能によって、添付ファイルのサイズを小さく保つことができます。この機能は無効にできません。
発行オプション Power BI 発行オプションのいずれかが選択されている場合、この列には Power BI のリストが表示されます。
スケジュール スケジュールされた配信のタイプ。
ファイル形式 Excel、PDF、HTML などのレポートの配信形式。
再アクティブ化 スケジュールされているワークブックの実行が失敗した場合、Report Builder では 15 分ごとにさらに 2 度ワークブックの実行を試みます。3 回実行が失敗すると、スケジュールが無効になり、「再アクティブ化」ボタンが表示されます。ワークブックを再開すると、スケジュールされた配信が無効になった時刻から再開されます。

例えば、スケジュールされているワークブックが 14 日前に無効になっており、今日再開すると、実行されなかったすべての日に対して配信が実行されるため、14 回配信されることになります。配信が実行されなかった日に対してワークブックの配信を行わないようにするためには、スケジュールされたワークブックを削除してから、新しくスケジュールされたワークブックを作成します。

メモ:​システム上でワークブックが無効になった理由がわからない場合は、ワークブックを再アクティブ化しないでください。トラブルシューティングを行うには、非アクティブ化されたワークブックをダウンロードし、クライアント側で更新します。エラーが表示されなければワークブックを再アクティブ化できると判断する、という方法が考えられます。

最後の送信 レポートが最後に送信された日時。
「受信者」タブ
受信者のメール レポート受信者のメールアドレス。
レポート 各受信者に送信されたレポート。
「レポートの履歴」タブ
ファイル名 スケジュールされたタスクの名前。
日付 レポートが最後に送信された日時。
ステータス レポートが送信されたかどうかを示すステータス。
メール / FTP レポートの受信者のメールアドレスまたは FTP アドレス。
ファイル形式 Excel、PDF、HTML などのレポートの配信形式。

このページ