Report Builder オプション

オプションパネルでは、日付設定、待ち時間設定(現在のデータ)およびログ情報を指定し、更新を設定できます。

  1. アドインツールバーで、オプション をクリックします。
要素 説明
基準日
現在の日付に設定 Report Builder が最新の日付を使用できるように「基準日」を指定またはリセットできます。指定していない場合は、更新の際に、使用する日付を尋ねられます。
更新時に設定 リクエストの更新時に「基準日」を設定できます。
データ最新性
現在のデータを含む Adobe Analytics により処理される前のデータでも、レポートでのデータの待ち時間(データ最新性とも呼ばれます)を 1 分程度に短縮して表示できます。
このオプションを使用しない場合は、ファイナライズされたモード(処理済み)が使用され、通常は待ち時間が長くなります。
この設定は、「現在のデータ」機能と互換性のあるワークブック内のすべてのリクエストに適用されます。リクエストに互換性がない場合は、確定モードが適用されます。
「現在のデータを含む」モードを使用する場合は、次の状況に注意してください。
フォーマットオプション表示ヘッダーのフォーマット時に、この情報(データ最新性)を表示するかどうかを指定できます。
内訳:サポートされません。データ最新性モードが「現在のデータ」に設定されている場合に、いずれかのリクエストに内訳要素が含まれていると、このリクエストは現在のデータ以外のモードに戻されます。ただし、その他のリクエストでは、引き続き現在のデータモードが使用されます。
リクエストマネージャー:予定リクエストに設定が適用されているかどうかは、リクエストマネージャーの現在のデータ列で確認できます。
スケジュールされたワークブック:このモードは、スケジュールの処理中にワークブックレベルで保存されます。確定データを使用しているスケジュールされたワークブックを開き、「現在のデータを含む」を適用した場合は、その後は現在のデータのモードが使用されます。
権限:現在のデータへのアクセス権限のないユーザーに対しては、このオプションは非表示になります。このオプションを有効にしたときに、1 つ以上のリクエストを適用できない場合は、警告が表示されます。
現在のデータとリクエストとの互換性がないことを警告するメッセージを無効にする 現在のデータを含むモードが選択されているけれども、編集対象のリクエストにこのデータモードを適用できない場合に、警告を表示します。例えば、「現在のデータを含む」を設定している状態で、セグメントが選択されているリクエストを編集すると、警告が表示されます。
Report Builder リクエストをローカルファイルにログ (トラブルシューティング用) リクエストをローカルファイルのログに記録できます。このログファイルはトラブルシューティングに使用します。
入力された値を変換… フィルター制御に入力された値をフィルター表現とみなす前にセルの場所として変換します。
例えば、「靴」フィルターを使用してトップ 10 ページのリクエストを作成すると、リクエストには次のような内容のセルが表示されます。フィルター:トップ 1 ~ 10 ページ、ページに「靴」を含む
新しいバージョンが利用可能な場合に更新 新しいバージョンがインストール可能な場合に通知するように指定します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now