指標およびディメンションの追加

リクエストに指標およびディメンションを追加する手順です。

  1. リクエストウィザード:ステップ 1 でデータリクエストを作成し、「次へ」をクリックします。

  2. リクエストウィザード:ステップ 2 で、指標をダブルクリックするか、目的の位置までドラッグします。

    ステップ情報

    指標を追加しても、「指標」タブからは削除されません。1 つのリクエスト内で指標を複数回表示することができるからです。例えば、それぞれの値に加え、指標の小計を表示することができます。ただし、使用可能な指標のリストは、ディメンションの追加や削除のたびに変わります。

    「指標」レイアウトセクションには、指標のみを追加することができます。指標は指標ヘッダーとして列ラベルのレイアウトに追加されます。指標ヘッダーを列レイアウトから行レイアウトに変更すると、指標ヘッダーは行レイアウトに表示され、指標が分類として使用されます。

    検索バーは、「指標」タブの、指標リストのすぐ上に表示されます。

    次の点に注意してください。

    • 検索語句を入力する途中でも、リストは自動的に更新され、名称が一致する指標だけが表示されます。

    • 一致の判定では、大文字と小文字が区別されません。また、「次を含む」の検索と等価になります。

    • 完全一致や検索フラグ(starts with、ends with、AND、OR など)には対応していません。

      リクエストウィザードを終了する(すなわち、「完了」または「キャンセル」をクリックする)か、リクエストウィザードの手順 1 に戻るか、または、指標カテゴリーを変更すると、検索語句がクリアされます。

      次の場合には、検索語句がクリアされません。

    • リストから指標項目の 1 つをドラッグ&ドロップ(またはダブルクリック)して、その項目がピボットレイアウト/カスタムレイアウト指標パネルに追加される場合。

    • ピボットレイアウト/カスタムレイアウト指標パネルから指標項目を削除する場合。

    • 「ディメンション」タブをクリックしてから、「指標」タブに戻る場合。

    • 終了時にリクエストウィザードの手順 2 に戻る他のサブフォーム(モーダルかモードレスかを問わず)を起動する場合。以下のようなフォームがあります。

      • ディメンションフィルターフォーム
      • 期間書式設定フォーム
      • フォーマットオプションフォーム
      • 接頭辞/接尾辞フォーム
      • 出力範囲場所フォーム
  3. (オプション)リクエストを指標で並べ替えるには、指標のラベルをクリックします。

  4. 指標の追加時と同様にディメンションを追加します。

「ディメンション」タブには、分類されたディメンション、またはステップ 1 で選択するベースレポートの分類、レポートスイートの設定に関するディメンションが表示されます。ディメンションをレイアウトグリッドにドロップすると、そのディメンションはツリービューから削除され、使用可能な残りのディメンションのリストが再計算されます。

「日付」ディメンションは自動的に追加されます。使用可能な日付ディメンションは、リクエストウィザード:ステップ 1 で選択された精度によって異なります(有効値は次のとおりです。

*時間
*日
*週
*月
*年
*日付範囲(精度が指定されていない場合)
  1. フォーマットオプションとフィルターを設定して、指標とディメンションを変更します。
  2. 完了」をクリックします。次の例では、ページ指標に関連するディメンションが表示されています。ここでは、参照ドメインディメンションによって、ページと参照ドメインの分類レポートが作成されています。分類レポートに追加できるディメンションのみが表示されるように、「ディメンション」タブが更新されます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now