計算指標

Report Builder 5.2 では、Adobe Analytics Unified Calculated Metrics がサポートされています。これにより、すべての計算指標にグローバル ID が付けられ、複数のレポートスイートで使用することができるようになりました。

メモ

既存のワークブックでは、従来の指標 ID の付いたリクエストを参照している場合があります。Report Builder 5.2 を使用すると、既存のワークブックでは従来の指標 ID が新しいグローバル ID に変換されます。Report Builder 5.1 を使用しているユーザーと共有した場合、計算指標は共有先で表示されません。

新しい計算指標ビルダーおよび計算指標マネージャでの計算指標の作成と管理方法について詳しくは、計算指標ガイドを参照してください。

リクエストウィザードのステップ 2 では、計算指標へのフィルター設定と計算指標の適用ができます。

計算指標へのフィルター設定

計算指標に​フィルターを設定​するには、フィルターアイコン

クリックします。アドバンスフィルターダイアログに、標準指標と計算指標の両方が入力されます。

次のフィルターを利用できます。

フィルター名 説明
タグ 特定のタグで計算指標にフィルターを設定できます。タグフィルターでは、AND 演算子が使用されます。2 つのタグを選択すると、右パネルに​両方の​タグが付いた指標が表示されます。
レポートスイート レポートスイート名​のみ」フィルターを Reports & Analytics の Calculated Metric Builder で適用し、Report Builder でアドバンスフィルターを表示すると、アドバンスフィルターでは、選択されたレポートスイートの計算指標のみが表示されます。
所有者 所有者フィルターを設定できます。所有者フィルターでは、OR 演算子が使用されます。2 人の所有者を選択すると、右パネルに​いずれかの​所有者が所有する指標が表示されます。
その他のフィルター/承認済み 正式に承認された指標が表示されます。
その他のフィルター/お気に入り お気に入りに登録した指標が表示されます。
その他のフィルター/自分が所有 自分が所有するすべての指標が表示されます。
その他のフィルター/自分と共有 自分と共有されているすべての指標が表示されます。

計算指標の適用

フィルターを選択した後、適用​をクリックすると、リクエストに計算指標が適用されます。選択した指標がレポートのレイアウトに追加されます。

このページ