日付の書式

Excel の書式/セル(Ctrl + 1 キー)の機能で利用できる標準的なセル書式設定に加え、Report Builder を使用してセル範囲に対して簡易的な書式を適用できます。それらの書式設定に使用できるオプションは、選択した指標によって異なります。

行ラベルグリッドにディメンションを追加した後、「書式」をクリックします。

書式」メニューで、「カスタムフォーマット」をクリックして、前付け/後付け機能と同様に、カスタマイズされた書式を日付に適用します。例えば、日付の後に常に付加されるテキスト(A.D.、B.C.E.、A.H. など)を入力することができます。また、日付の前に、「開始日」、「開始・終了日」などのテキストを追加することもできます。さらに、日、月、年の略語を使用してカスタムの日付式を作成し、日付の内部にカスタムの区切り文字を使用することができます。すべての日付書式は 3 つの略語で構成され、括弧で囲まれている必要があります。

次の表では、「カスタムフォーマット」フィールドで日付の略語を使用する方法を説明します。

略語 意味 例 2012年3月14日(水)の場合
MM/dd/yyy 数字表記の正式な日付 03/14/2012
M 3
MM 月(10 未満の月の場合に 10 の位に 0 を付加) 03
MMM 月の略称 Mar
MMMM 月の正式名称 年 3 月
D 日付の正式名称 2012 年 3 月 14 日水曜日
d 14
dd 日(10 未満の日の場合に 10 の位に 0 を付加) 01 - 09
ddd 曜日の略称 Wed
dddd 曜日の正式名称 水曜日
yy 2 桁表記の年 10
yyyy 4 桁表記の年 2012

このページ