日付の書式

Excel の書式/セル(Ctrl + 1 キー)の機能で利用できる標準的なセル書式設定に加え、Report Builder を使用してセル範囲に対して簡易的な書式を適用できます。それらの書式設定に使用できるオプションは、選択した指標によって異なります。

After you add dimensions to the Row Labels grid, click Format.

In the Format menu, click Custom Format to apply customized formats for dates similar to the prepend and postpend feature. 例えば、日付の後に常に付加されるテキスト(A.D.、B.C.E.、A.H. など)を入力することができます。日付の前に、やなどのテキストを追加で Start Date きます Start and End Date。 さらに、日、月、年の略語を使用してカスタムの日付式を作成し、日付の内部にカスタムの区切り文字を使用することができます。すべての日付書式は 3 つの略語で構成され、括弧で囲まれている必要があります。

The following table describes how you can use date abbreviations in the Custom Format field:

略語 意味 例2012 年 3 月 14 日(水)の場合
MM/dd/yyy 数字表記の正式な日付 03/14/2012
M 3
MM 月(10 未満の月の場合に 10 の位に 0 を付加) 03
MMM 月の略称 Mar
MMMM 月の正式名称 年 3 月
D 日付の正式名称 2012 年 3 月 14 日水曜日
d 14
dd 日(10 未満の日の場合に 10 の位に 0 を付加) 01 - 09
ddd 曜日の略称 Wed
dddd 曜日の正式名称 水曜日
yy 2 桁表記の年 10
yyyy 4 桁表記の年 2012

このページ