Adobe Analytics ダッシュボードキュレーターガイド

次の情報は、Adobe Analytics データのキュレーターに、エグゼクティブユーザー向けのダッシュボードの設定方法と表示方法を示しています。この情報を実演するビデオについては、「Adobe Analytics ダッシュボードスコアカードビルダー」ビデオを参照してください。

はじめに

Adobe Analytics ダッシュボードは、Adobe Analytics からの洞察をいつでもどこでも提供します。このアプリケーションを使用すると Adobe Analytics のデスクトップ UI から作成して共有できる直感的なスコアカードにモバイルからアクセスできます。スコアカードは、主要指標とその他のコンポーネントを並べて表示したレイアウトで構成され、タップすると、より詳細な分類やトレンドレポートを表示できます。スコアカードは最も重要なデータに応じて調整できます。Analytics ダッシュボードは iOS と Android の両方のオペレーティングシステムでサポートされています。

このガイドの詳細

このガイドは、Adobe Analytics データのキュレーター ダッシュボードエグゼクティブユーザーのスコアカードを設定するのに役立つように作成されています。キュレーターは、組織の管理者、またはアプリケーションのスコアカードの設定を担当する他の役割を持つ人です。スコアカードを設定すると、重要な概要データの広範なレンダリングを、各自のモバイルデバイス上ですばやく簡単に表示できるようになります。エグゼクティブユーザーは Analytics ダッシュボードのエンドユーザーですが、このガイドは、データキュレーターがアプリケーションを効果的に設定するのに役立ちます。

用語集

次の表に、Analytics ダッシュボードのオーディエンス、機能および操作について理解するための用語を示します。

用語 定義
消費者 モバイルデバイス上で Analytics の主要指標と洞察を表示するエグゼクティブユーザー
キュレーター Analytics から洞察を検索して配信し、消費者が表示するスコアカードを構成する、データ専門家
キュレーション 消費者に関連する指標、ディメンション、その他のコンポーネントを含むモバイルスコアカードを作成または編集する行為
スコアカード 1 つ以上のタイルを含むダッシュボードビュー
タイル スコアカードビュー内の指標のレンダリング
分類 スコアカードでタイルをタップしてアクセスできるセカンダリビュー。このビューは、タイルに表示されている指標に対して展開され、オプションで追加の分類ディメンションに関するレポートを表示します
日付範囲 ダッシュボードレポートの主な日付範囲
比較日付範囲 プライマリ日付範囲と比較される日付範囲

エグゼクティブユーザー用のスコアカードの作成

スコアカードでは、次のように、エグゼクティブユーザーの主要データのビジュアライゼーションがレイアウトで並べて表示されます。

スコアカードの例

このスコアカードのキュレーターは、スコアカードビルダーを使用して、消費者のスコアカードに表示するタイルを構成できます。また、タイルをタップした後に詳細ビューや分類を調整する方法も設定できます。スコアカードビルダーインターフェイスを次に示します。

スコアカードビルダー

スコアカードを作成するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. 「空のモバイルスコアカード」テンプレートにアクセスします。
  2. スコアカードにデータを構成し、保存します。

「空のモバイルスコアカード」テンプレートへのアクセス

「空のモバイルスコアカード」テンプレートにアクセスするには以下の方法があります。

新規プロジェクトを作成

  1. Adobe Analytics を開いて「ワークスペース」タブをクリックします。
  2. 新規プロジェクトを作成」ボタンをクリックして、「空のモバイルスコアカード」プロジェクトテンプレートを選択します。
  3. 作成」ボタンをクリックします。

スコアカードテンプレート

プロジェクトを追加

プロジェクト​画面の「コンポーネント」タブで、「追加」ボタンをクリックし、「モバイルスコアカード」を選択します。

プロジェクトを追加

または

ツール​メニューから、Analyticsダッシュボード(モバイルアプリ)​を選択します。 次の画面で、「スコアカードを新規作成」ボタンをクリックします。

スコアカードでのデータの構成と保存

スコアカードテンプレートを実装する手順は、次のとおりです。

  1. 右側のハンドレイルの「プロパティ」で、データを使用する​プロジェクトレポートスイート​を指定します。

    レポートスイートの選択

  2. スコアカードに新しいタイルを追加するには、左のパネルから指標をドラッグし、「ここに指標をドラッグ&ドロップ」ゾーンにドロップします。同様のワークフローを使用して、2 つのタイル間に指標を挿入することもできます。

    タイルの追加

    各タイルから、関連ディメンションのリストの上位アイテムなど、指数に関する追加情報を表示する詳細ビューにアクセスできます。

  3. 指標に関連ディメンションを追加するには、左のパネルからディメンションをドラッグし、タイルにドロップします。例えば、適切なディメンション(この例では DMA Region)をタイルにドラッグ&ドロップして、ユニーク訪問者​指標に追加できます。追加したディメンションは、タイル固有の​プロパティ​の分類セクションに表示されます。タイルごとに複数のディメンションを追加できます。

    ディメンションの追加

    スコアカードビルダーでタイルをクリックすると、右側のレールにそのタイルに関連付けられているプロパティと特性が表示されます。このレールでは、タイルに新しい​タイトル​を指定したり、左側のレールからコンポーネントをドラッグ&ドロップするのではなく、コンポーネントを指定してタイルを構成したりできます。

    プロパティタイル

    また、タイルをクリックすると、動的なポップアップに、アプリケーション内のエグゼクティブユーザーに分類ビューがどのように表示されるかが表示されます。ディメンションがタイルに適用されていない場合、分類ディメンションは、デフォルトの日付範囲に応じて、時間​または​​になります。

    Breakdown_view

    タイルに追加された各ディメンションは、アプリケーションの詳細ビューのドロップダウンリストに表示されます。エグゼクティブユーザーは、ドロップダウンリストにリストされたオプションから選択できるようになります。

  4. 個々のタイルにセグメントを適用するには、左パネルからセグメントをドラッグし、タイルの上に直接ドロップします。スコアカード内のすべてのタイルにセグメントを適用する場合は、スコアカードの上にタイルをドロップします。または、日付範囲の下にあるフィルターメニューでセグメントを選択して、セグメントを適用することもできます。スコアカードに対するフィルターの構成と適用は、Adobe Analytics Workspace と同じ方法でおこないます。

    フィルター用のセグメントの作成

  5. 同様に、スコアカード全体に適用されるコンポーネントを削除するには、タイルの外側のスコアカードの任意の場所をクリックし、初回訪問​セグメントの次のように、コンポーネントの上にマウスポインターを置くと表示される​x​をクリックして削除します。

    Remove_components

  6. スコアカードで選択できる日付範囲の組み合わせを削除するに追加は、日付範囲のドロップダウンを選択します。

    新しいスコアカード

    今日と昨日のデータに重点を置いた6つの日付範囲の組み合わせを持つ、新しいスコアカードの各開始。 xをクリックして不要な日付範囲を削除したり、鉛筆をクリックして各日付範囲の組み合わせを編集したりできます。

    新しいスコアカード2

    主な日付を作成または変更するには、ドロップダウンを使用して使用可能な日付範囲から選択するか、右側のレールから日付コンポーネントをドロップゾーンにドラッグ&ドロップします。

    新しいスコアカード3

    比較日を作成するには、ドロップダウンメニューで、共通の時間比較の便利な事前設定から選択します。 また、日付コンポーネントを右側のレールからドラッグ&ドロップすることもできます。

    新しいスコアカード4

    まだ日付範囲が作成されていない場合は、カレンダーアイコンをクリックして新しい日付範囲を作成できます。

    新しいスコアカード4

  7. 新しい日付範囲コンポーネントを作成して保存できる日付範囲ビルダーに移動します。 スコアカードに名前を付けるには、画面の左上にある名前空間をクリックして、新しい名前を入力します。

    Naming_Scorecards

スコアカードの共有

エグゼクティブユーザーとスコアカードを共有する手順は、次のとおりです。

  1. 共有​メニューをクリックし、「スコアカードの共有」を選択します。

  2. モバイルスコアカードの共有​フォームで、次の方法でフィールドに入力します。

    • スコアカードの名前を指定します。
    • スコアカードの説明を指定します。
    • 関連するタグを追加します。
    • スコアカード受信者を指定します。
  3. 共有」をクリックします。

Share_Scorecards

受信者は、共有したスコアカードに Analytics ダッシュボードでアクセスできます。その後、スコアカードビルダーでスコアカードに変更を加えると、共有されたスコアカードが自動的に更新されます。エグゼクティブユーザーがアプリケーションのスコアカードを更新すると、変更が表示されます。

新しいコンポーネントを追加してスコアカードを更新する場合、エグゼクティブユーザーがこれらの変更にアクセスできることを確認するために、スコアカードを再度共有する(および「埋め込みコンポーネントを共有」オプションをオンにする)ことができます。

アプリを使用したエグゼクティブユーザーの設定

場合によっては、エグゼクティブユーザーがアプリケーションにアクセスして使用するために追加の支援が必要になることがあります。この節では、その支援を提供するのに役立つ情報を提供します。

エグゼクティブユーザーのアクセス

エグゼクティブユーザーがアプリケーション上のスコアカードにアクセスするのを支援するには、次の点を確認します。

  • ユーザーのモバイル OS が、iOS バージョン 10 以上、または Android バージョン 4.4(KitKat)以上である
  • ユーザーに Adobe Analytics への有効なログインがある
  • モバイルスコアカードを正しく作成し、共有している
  • ユーザーが Analysis Workspace およびスコアカードが基づくレポートスイートにアクセスできる
  • ユーザーがスコアカードに含まれるコンポーネントにアクセスできるスコアカードを共有する際に、「埋め込みコンポーネントを共有」オプションを選択できることにご注意ください。

エグゼクティブユーザーのアプリケーション使用

エグゼクティブユーザーを支援するには:

  1. エグゼクティブユーザーがアプリケーションをダウンロードしてインストールできるようにします。これをおこなうには、エグゼクティブユーザーが iOS と Android のどちらのデバイスを使用しているかに応じて以下の手順を実行して、アクセスを授与します。

    iOS

    • 次のリンク(Analytics の​ツールAnalytics ダッシュボード(モバイルアプリ)​でも利用できます)をクリックし、画面の指示に従ってアプリをダウンロード、インストールし、開きます。

      iOS リンク
      Android

    • 次のリンク(Analytics の​ツールAnalytics ダッシュボード(モバイルアプリ)​でも利用できます)をクリックし、画面の指示に従ってアプリをダウンロード、インストールし、開きます。

      Android リンク
      ダウンロードしてインストールすると、エグゼクティブユーザーは既存の Adobe Analytics 資格情報を使用してアプリケーションにサインインできます。Adobe ID または Enterprise/Federated ID を使用できます。

    アプリケーションのスタートアップスクリーン

  2. スコアカードへのアクセスを支援します。エグゼクティブユーザーがアプリケーションにサインインすると、会社を選択​画面が表示されます。この画面には、エグゼクティブユーザーが所属するログイン会社が表示されます。スコアカードにアクセスする手順は、次のとおりです。

    • 共有したスコアカードに適用されるログイン会社または Experience Cloud 組織の名前をタップします。次に、スコアカードリストに、そのログイン会社のエグゼクティブと共有されているすべてのスコアカードが表示されます。
    • 該当する場合は、最近変更された項目​で、このリストを並べ替えます。
    • スコアカードの名前をタップして表示します。

    会社を選択

    エグゼクティブユーザーがログインし、何も共有されていないというメッセージが表示された場合、以下の可能性があります。

    • エグゼクティブユーザーが間違った Analytics インスタンスを選択した

    • スコアカードがエグゼクティブユーザーと共有されていない

      何も共有されていない

    • エグゼクティブユーザーが適切な Analytics インスタンスにログインでき、スコアカードが共有されていることを確認します。

  3. 共有するスコアカードでタイルがどのように表示されるかをエグゼクティブ・ユーザーに説明します(下の最初のスコアカードはダーク・モードで設定されます。この表示オプションが役に立つと思われる場合は、下の​環境設定​を参照してください)。

    タイルの説明

    スコアカードの例

    タイルに関する追加情報:

    • スパークラインの精度は、日付範囲の長さに依存します。
      • 1 日 - 時間ごとの傾向を表示
      • 2 日以上 1 年未満 - 毎日の傾向を表示
      • 1 年以上 - 毎週の傾向を表示
    • 値の変化パーセントの式は、(指標合計(現在の日付範囲) - 指標合計(比較日付範囲))÷指標合計(比較日付範囲)です。
    • 画面をプルダウンして、スコアカードを更新できます。
  4. タイルをタップすると、そのタイルの詳細な分類の仕組みを表示できます。

    分類ビュー

    • スパークライン上の任意のポイントをタップすると、そのポイントに関連付けられたデータがライン上に表示されます。

    • タイルに追加されたディメンションのデータを表示するテーブルが含まれます。下向き矢印をタップして、ディメンションを選択します。タイルにディメンションが追加されていない場合は、テーブルにグラフデータが表示されます。

  5. スコアカードの日付範囲を変更するには、[日付]ヘッダーをタップし、表示する主日付と比較日の範囲の組み合わせを選択します。

    日付変更

  6. アプリケーションでフィードバックを残す手順は、次のとおりです。

    1. アプリケーション画面の右上にある設定アイコンをタップします。

    2. 設定​画面で、「フィードバック」オプションをタップします。

    3. タップして、フィードバックを残すためのオプションを表示します。

      設定画面

  7. 環境設定を変更するには、上記の「環境設定」オプションをタップします。環境設定で、生体認証ログインをオンにするか、次に示すようにアプリケーションのダークモードを設定できます。

    ダークモード

バグを報告する手順は、次のとおりです。

オプションをタップして、バグのサブカテゴリを選択します。バグを報告するためのフォームで、一番上のフィールドに電子メールアドレスを入力し、その下のフィールドにバグの説明を入力します。アカウント情報のスクリーンショットがメッセージに自動的に添付されますが、必要に応じて、添付画像の「X」をタップして削除できます。また、画面録画の取得、スクリーンショットの追加、ファイルの添付のオプションもあります。レポートを送信するには、フォームの右上にある紙飛行機のアイコンをタップします。

バグの報告

改善を提案する手順は、次のとおりです。

オプションをタップして、提案のサブカテゴリを選択します。提案フォームの一番上のフィールドに電子メールアドレスを入力し、その下のフィールドに提案を入力します。アカウント情報のスクリーンショットがメッセージに自動的に添付されますが、必要に応じて、添付画像の「X」をタップして削除できます。また、画面録画の取得、スクリーンショットの追加、ファイルの添付のオプションもあります。提案を送信するには、フォームの右上にある紙飛行機のアイコンをタップします。

質問する手順は、次のとおりです。

オプションをタップします。一番上のフィールドに電子メールアドレスを入力し、その下のフィールドに質問を入力します。スクリーンショットがメッセージに自動的に添付されますが、必要に応じて、添付画像の「X」をタップして削除できます。また、画面録画の取得、スクリーンショットの追加、ファイルの添付のオプションもあります。質問を送信するには、フォームの右上にある紙飛行機のアイコンをタップします。

重要

2020 年 10 月以降、アドビは、「Adobe Analytics ダッシュボード」アプリのパフォーマンスを最適化するための一連の機能強化を徐々に展開していきます。 これらの機能強化は、スコアカードに日付(現在の日を除く)を入力するために使用される、履歴 Analytics データのキャッシュに重点を置いています。 このデータは、セキュリティで保護された Microsoft Azure パブリッククラウドストレージアカウントで最大 24 時間キャッシュされます。 これらのパフォーマンス向上機能をオプトアウトする場合は、CSM にお問い合わせください。

このページ