モバイルスコアカードの作成

次の情報は、Adobe Analytics データのキュレーターに、エグゼクティブユーザー向けモバイルスコアカードの設定方法と表示方法を示しています。はじめに、Adobe Analytics ダッシュボードのスコアカードビルダーのビデオを視聴できます。

Adobe Analytics のスコアカードでは、次のように、エグゼクティブユーザー向けに主要データのビジュアライゼーションがタイル化されたレイアウトで表示されます。

スコアカードの例

このスコアカードのキュレーターは、スコアカードビルダーを使用して、エグゼクティブコンシューマーのスコアカードに表示するタイルを構成できます。また、タイルをタップした後に詳細ビューや分類を調整する方法も設定できます。スコアカードビルダーインターフェイスを次に示します。

スコアカードビルダー

スコアカードを作成するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. 「空のモバイルスコアカード」テンプレートにアクセスします。
  2. データを使用したスコアカードを構成し、保存します。

「空のモバイルスコアカード」テンプレートへのアクセス

「空のモバイルスコアカード」テンプレートにアクセスするには、新しいプロジェクトを作成するか、ツールメニューを使用します。

新規プロジェクトを作成

  1. Adobe Analytics を開いて「Workspace」タブをクリックします。
  2. プロジェクトを作成」をクリックして、「空のモバイルスコアカード」プロジェクトテンプレートを選択します。
  3. 作成」をクリックします。

スコアカードテンプレート

ツールメニュー

  1. ツール」メニューから、Analytics ダッシュボード(モバイルアプリ)」を選択します。
  2. 次の画面で、「スコアカードを新規作成」をクリックします。

データを使用したスコアカードの構成と保存

スコアカードテンプレートを実装する手順は、次のとおりです。

  1. 右側のハンドレイルの「プロパティ」で、データを使用する​プロジェクトレポートスイート​を指定します。

    レポートスイートの選択

  2. スコアカードに新しいタイルを追加するには、左のパネルから指標をドラッグし、「ここに指標をドラッグ&ドロップ」ゾーンにドロップします。同様のワークフローを使用して、2 つのタイル間に指標を挿入することもできます。

    タイルの追加

  3. 各タイルから、関連ディメンションのリストの上位アイテムなど、指数に関する追加情報を表示する詳細ビューにアクセスできます。

ディメンションまたは指標の追加

指標に関連ディメンションを追加するには、左のパネルからディメンションをドラッグし、タイルにドロップします。

例えば、適切なディメンション(この例では Marketing Channel)をタイルにドラッグ&ドロップして、ユニーク訪問者数​指標に追加できます。ディメンション分類は、スライド固有の​プロパティ​の詳細セクションの下に表示されます。タイルごとに複数のディメンションを追加できます。

ディメンションの追加

セグメントの適用

個々のタイルにセグメントを適用するには、左パネルからセグメントをドラッグし、タイルの上に直接ドロップします。

スコアカード内のすべてのタイルにセグメントを適用する場合は、スコアカードの上にタイルをドロップします。または、日付範囲の下にあるフィルターメニューでセグメントを選択して、セグメントを適用することもできます。スコアカードに対するフィルターの構成と適用は、Adobe Analytics Workspace と同じ方法で行います。

フィルター用のセグメントの作成

日付範囲の追加

日付範囲のドロップダウンを選択して、スコアカードで選択できる日付範囲の組み合わせを追加および削除します。

新しいスコアカード

新しいスコアカードはそれぞれ、今日と昨日のデータにフォーカスした 6 つの日付範囲の組み合わせで始まります。x をクリックして不要な日付範囲を削除したり、鉛筆をクリックして各日付範囲の組み合わせを編集したりできます。

新しいスコアカード 2

プライマリ日付を作成または変更するには、ドロップダウンを使用して使用可能な日付範囲から選択するか、日付コンポーネントを右側のレールからドロップゾーンにドラッグ&ドロップします。

新しいスコアカード 3

比較日を作成するには、ドロップダウンメニューで、一般的な時間比較の便利な事前設定から選択します。また、日付コンポーネントを右側のレールからドラッグ&ドロップすることもできます。

新しいスコアカード 4

必要な日付範囲がまだ作成されていない場合は、カレンダーアイコンをクリックして新しい日付範囲を作成できます。

新しいスコアカード 5

これにより、新しい日付範囲コンポーネントを作成して保存できる日付範囲ビルダーに移動します。

ビジュアライゼーションの適用

モバイルスコアカードのビジュアライゼーションに関するビデオを表示します。

Analytics ダッシュボードには 4 つのビジュアライゼーションがあり、ディメンション項目と指標に関する優れたインサイトを提供します。タイルのプロパティのチャートのタイプを変更して、別のビジュアライゼーションを適用します。適切なタイルを選択して、チャートのタイプを変更します。

タイルのプロパティ

または、左側のパネルの「ビジュアライゼーション」アイコンをクリックし、右側のビジュアライゼーションをタイルにドラッグ&ドロップします。

ビジュアライゼーション

数値の概要

数値の概要ビジュアライゼーションを使用して、プロジェクトで重要な大きな数を強調表示します。

数値の概要

ドーナツ

このビジュアライゼーションは、円グラフと同様に、データを全体の一部またはセグメントとして表示します。合計に対する割合を比較する際にドーナツグラフを使用します。例えば、ユニーク訪問者の合計数に貢献した広告プラットフォームを確認するとします。

ドーナツグラフのビジュアライゼーション

行のビジュアライゼーションでは、時間の経過に伴う値の変化を確認できるように、折れ線で指標が表されます。線グラフは、時間の経過に伴うディメンションを表示しますが、あらゆるビジュアライゼーションで機能します。この例では、製品カテゴリディメンションを視覚化しています。

行のビジュアライゼーション

横棒グラフ

このビジュアライゼーションでは、1 つ以上の指標の様々な値を表す横棒グラフが表示されます。例えば、上位の製品を簡単に確認するには、優先したいビジュアライゼーションで「横棒グラフ」を選択します。

横棒グラフ

未指定のディメンション項目の削除

データから未指定のディメンション項目を削除する場合は、次の操作を行います。

  1. 正しいタイルを選択します。

  2. 右側のパネルの「ドリルイン」の下で、削除する​未指定​の項目があるディメンション項目の横にある右矢印を選択します。

    未指定

  3. 未指定」の横にあるアイコンをクリックして、レポートから未指定のデータを削除します。(他のディメンション項目も削除できます)

タイルのプロパティの表示と設定

スコアカードビルダーでタイルをクリックすると、右側のパネルにそのタイルに関連付けられているプロパティと特性および詳細スライドが表示されます。このパネルで、タイルに新しい​タイトル​を提供するか、セグメントを適用してタイルを設定することもできます。

プロパティタイル

詳細スライドを表示

タイルをクリックすると、アプリで詳細スライドがエグゼクティブユーザーにどのように表示されるかが、動的なポップアップウィンドウで表示されます。ディメンションを追加して、特定のニーズに合わせてデータを分類できます。 ディメンションが適用されていない場合、分類ディメンションは、デフォルトの日付範囲に応じて、時間​または​​になります。

分類を使用すると、次のようなディメンション項目別に指標が分類されるので、分析を絞り込むことができます。

  • ユニーク訪問者数の指標を広告プラットフォーム (AMO ID) 別に分類
  • 訪問数を製品カテゴリ(小売)別に分類
  • 合計売上高を製品名別に分類

Breakdown_view

詳細スライドに追加された各ディメンションは、アプリ内の詳細スライドのビューにあるドロップダウンリストに表示されます。エグゼクティブユーザーは、ドロップダウンリストにリストされたオプションから選択できるようになります。

詳細スライドのカスタマイズ

カスタムの詳細スライドを使用すると、オーディエンスと共有する情報をさらに絞り込むことができます。

各詳細スライドのレイアウトを変更し、テキストを追加して、エンドユーザーに表示されるデータをより適切に説明できます。また、ドロップダウンメニューを使用してグラフのタイプを変更することもできます。

カスタム詳細スライド

スライドレイアウトを変更する

スライドのレイアウトを変更して、最も重要な情報に焦点を当てます。 例えば、レイアウトを変更して、グラフのみを表示したり、テーブルのみを表示したりできます。 ススライドのレイアウトを変更するには、事前に設計された形式の 1 つを選択します。

スライドのレイアウト

左側のパネルからキャンバスにビジュアライゼーションコンポーネントをドラッグ&ドロップして、スライドレイアウトを変更することもできます。各詳細スライドには、一度に 2 つのビジュアライゼーションのみを表示できます。

スライドレイアウトの変更

スライドに説明テキストを追加する

テキストを追加して、グラフに含まれる内容やデータに関するニュアンスなど、重要な情報を提供できます。

詳細スライドにテキストを追加するには、T 記号が表示されるレイアウトを選択するか、左側のパネルからテキストビジュアライゼーションコンポーネントをドラッグ&ドロップします。新しいテキストビジュアライゼーションを追加する場合や、テキストを含むスライドレイアウトを選択する場合は、テキストエディターが自動的に開きます。テキストエディターには、テキストの書式設定に使用できるすべての標準オプションが用意されています。段落、見出しおよび小見出しなどのテキストスタイルを適用したり、太字や斜体のフォントを適用したりできます。 テキストの両端揃え、箇条書きと番号付きのリストの追加、およびリンクの追加を行うことができます。 編集が完了したら、テキストエディターの右上隅にある最小化ボタンを選択して、テキストエディターを閉じます。既に追加したテキストを編集するには、鉛筆アイコンを選択して、テキストエディターを再度開きます。

スライドレイアウトの変更

コンポーネントの削除

同様に、スコアカード全体に適用されるコンポーネントを削除するには、タイルの外側のスコアカード上の任意の場所をクリックし、コンポーネントにカーソルを合わせたときに表示される「x」をクリックして削除します。例えば「初回訪問」セグメントの場合は次のようになります。

Remove_components

スコアカードのプレビュー

スコアカードが Analytics ダッシュボードアプリで公開された後にどのように表示され機能するかをプレビューできます。

  1. 画面の右上隅にある「プレビュー」をクリックします。

    Preview_scorecards

  2. 様々なデバイスでのスコアカードの表示を確認するには、デバイスのプレビュードロップダウンメニューからデバイスを選択します。

    Device_preview

  3. プレビューを操作するには、以下を行います。

    • 左クリックして、電話画面をタップするシミュレーションを行います。

    • コンピューターのスクロール機能を使用して、電話画面を指でスクロールするシミュレーションを行います。

    • クリック&ホールドして、電話画面を指で押し続けるシミュレーションを行います。これは、詳細ビューでビジュアライゼーションを操作する場合に役立ちます。

スコアカードの命名

スコアカードに名前を付けるには、画面の左上にある名前空間をクリックして、新しい名前を入力します。

Naming_Scorecards

スコアカードの共有

エグゼクティブユーザーとスコアカードを共有する手順は、次のとおりです。

  1. 共有​メニューをクリックし、「スコアカードの共有」を選択します。

  2. モバイルスコアカードの共有​フォームで、次の方法でフィールドに入力します。

    • スコアカードの名前を指定します。
    • スコアカードの説明を指定します。
    • 関連するタグを追加します。
    • スコアカード受信者を指定します。
  3. 共有」をクリックします。

Share_Scorecards

受信者は、共有したスコアカードに Analytics ダッシュボードでアクセスできます。その後、スコアカードビルダーでスコアカードに変更を加えると、共有されたスコアカードが自動的に更新されます。エグゼクティブユーザーがアプリケーションのスコアカードを更新すると、変更が表示されます。

新しいコンポーネントを追加してスコアカードを更新する場合、スコアカードを再度共有すると(および「埋め込みコンポーネントを共有」オプションをオンにすると)、エグゼクティブユーザーがこれらの変更にアクセスできることを確認できます。

このページ