Adobe Analytics のコホート分析について

cohort とは、特定の期間、共通の特性を共有する人々のグループのことです。コホート分析は、例えば、コホートがブランドとどのように関わっているかを学ぶ場合に便利です。トレンドの変更を簡単に見分けて、それに応じて対応できます(コホート分析の説明は、コホート分析 101 など、Web 上で参照できます)。

コホートレポートを作成したら、コンポーネント(特定のディメンション、指標およびセグメント)をキュレーションして、任意のユーザーとコホートレポートを共有できます。詳しくは、キュレーションおよび共有を参照してください。

コホート分析では、例えば次の操作をおこなえます。

  • 目的のアクションを促進するために設計したキャンペーンを開始する。
  • 顧客のライフサイクルのまさに適切なタイミングでマーケティング予算を振り替える。
  • 価値を最大化するために、トライアルやオファーを終了するタイミングを認識する。
  • 価格やアップグレードパスなどの領域で、A/B テストの着想を得る。
  • ガイド付き分析内にコホート分析レポートを表示する。

コホート分析は、Analysis Workspace へのアクセス権を持つすべての Adobe Analytics ユーザーが利用できます。

コホート分析のビデオチュートリアル (4:36)

重要

コホート分析

は、セグメント化不可能な指標(計算指標を含む)、整数以外の指標(売上高など)、発生件数をサポートしていません。セグメントで使用できる指標のみが
コホート分析で使用できます。一度に 1 つのみ増やすことができます。

コホート分析の機能

次の機能を使用すると、作成するコホートを細かく制御できます。

リテンションテーブル

リテンションコホートレポートが訪問者を返す:各データセルは、その期間にアクションをおこなったコホートの生の訪問者数と割合を表します。指標は最大 3 個、セグメントは最大 10 個含めることができます。

チャーンテーブル

チャーンコホートはリテンションテーブルの逆で、コホートにおいてフォールアウトした訪問者、または一定期間内にリターン条件を満たしていない訪問者が表示されます。指標は最大 3 個、セグメントは最大 10 個含めることができます。

ローリング計算

「含む」列ではなく、直前の列に基づいてリテンションまたはチャーンを計算できます。

待ち時間テーブル

インクルージョンイベントが発生した前後の経過時間を測定します。このツールは、イベント発生前後の分析に役立ちます。「含む」列がテーブルの中央にあり、インクルージョンイベント発生の前と後の期間が両側に表示されます。

カスタムディメンションコホート

デフォルトの時間に基づくコホートではなく、選択したディメンションに基づいてコホートを作成します。マーケティングチャネル、キャンペーン、製品、ページ、地域などのディメンションや、Adobe Analytics のその他のディメンションを使用して、これらのディメンションの様々な値に基づいてリテンションがどのように変化しているかを表示します。

コホートレポートを設定および実行する方法については、「コホート分析レポートの設定」を参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now