メディア再生滞在時間パネル

Media Analytics のお客様は、再生滞在時間を分析すると、同時実行のピークが発生した場所や離脱が発生した場所を理解し、コンテンツの品質と視聴者のエンゲージメントに関する貴重なインサイトを提供して、ボリュームや規模のトラブルシューティングや計画に役立てることができます。

Analysis Workspace での再生滞在時間は、特定の時点でメディアストリームの視聴に費やされた時間であり、一時停止、バッファ、開始のための時間が含まれます。

メディア再生滞在時間パネルを使用すると、同時実行のピークに関する詳細や、分類機能と比較機能により、時間の経過とともに再生を分析できます。メディア再生滞在時間パネルにアクセスするには、Media Analytics コンポーネントが有効になっているレポートスイートに移動します。 次に、左端のパネルアイコンをクリックし、 パネルを Analysis Workspace プロジェクトにドラッグします。

また、このパネルのカレンダーには、24 時間未満で選択および表示できる新機能も含まれています。これをパネル全体に対して実行したり、連続した期間を使用してセグメントを作成して、プログラムやプログラムのセクションをまたいで視聴者のリードイン/リードアウトを追跡できます。これらの日付セグメントを少なくとも 2 つ配置すると、「日付順序の表示」のラジオボタンオプションが表示されます。このオプションは、行を共通の x 軸の開始で重ねるか、特定の x 軸の開始で順に表示します。

このページ