「アクティブ化して有効化」Activity Map

最終更新日: 2024-02-26
  • トピック:
  • Activity Map
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Admin

Activity Map のリンクコレクションおよびユーザーダウンロードを有効にするために Analytics 管理者がおこなう必要がある手順について説明します。

手順 1.有効化Activity Map

Activity Mapモジュールは、AppMeasurement.js、Adobe Experience Platformタグおよび Web SDK(alloy.js) の一部です。 Activity Mapデータは、 Web SDK バージョン2.15.0 以上、または Adobe Analytics tags 拡張機能 v1.90 以上、または AppMeasurementバージョン 1.6 以上

 Web SDK(Adobe Experience Platform Tags Extension)
  1. Adobe Experience Platformタグで、Analytics を実装するプロパティに移動します。 の下 拡張機能 -> Adobe Experience Platform Web SDKを選択します。 クリックデータの収集を有効にする 以下に示すように。
  2. 変更を加えてライブラリを構築します。
  3. ライブラリを実稼動環境に公開します。

検証

開発者コンソールの「ネットワーク」タブを使用して呼び出しを操作します。

  1. サイトに開発用 Launch スクリプトを読み込みます。

  2. 要素のクリック時に、「ネットワーク」タブで「/ee」を検索します。

ADOBE EXPERIENCE PLATFORM DEBUGGER:

  1. をダウンロードしてインストールする Adobe Experience Platform debugger.

  2. に移動します。 ログ > Edge > Edge に接続.

よくある質問(FAQ)

  • 「ネットワーク」タブでは、インタラクション呼び出しが実行されません。
    収集呼び出しでのクリックデータ収集は、「/ee」または「collect?」でフィルタリングする必要があります。

  • コレクト呼び出しのペイロード表示がありません。
    収集呼び出しは、トラッキングが他のサイトへのナビゲーションに影響を与えないように設計されているので、ドキュメントのアンロード機能は収集呼び出しに適用できます。 これはデータ収集には影響しませんが、ページで検証する必要がある場合は、それぞれの要素に target = "_blank"を追加します。 リンクが新しいタブで開きます。

  • PII のコレクションを無視する方法を教えてください。
    << on before link click callback>> にそれぞれの条件を追加し、false を返してこれらの値を無視します。 詳細情報

    サンプルコード:

 手動での Web SDK の実装

詳しくは、 リンクを追跡 リンクトラッキングの実装方法と、 region クリックされたHTML要素の

メモ

現在、顧客がページ間を移動すると、Web SDK でのリンクトラッキングを有効にすると、リンクイベントが送信されます。 これは、AppMeasurementの仕組みとは異なり、潜在的に請求可能なヒットがAdobeに送信される可能性があります。

 Analytics 拡張機能 (Adobe Experience Platformタグ )

Adobe Experience Platformタグで、Analytics を実装するプロパティに移動します。 Adobe Analytics の 拡張機能のインストール ダイアログ、選択 使用Activity Map.

 AppMeasurement
  1. AppMeasurement用の最新の JavaScript ライブラリをダウンロードします。
    に移動します。 Analytics > 管理者 > すべての管理者 > コードマネージャー.
  2. 次の手順で実装します。 これらの手順.

手順 2.Activity Map レポートを有効にする

レポートスイートレベルでActivity Mapレポートを有効にする必要があります。

  1. Adobe Analytics にログインし、Analytics管理者レポートスイート​に移動してレポートスイートを選択し、設定を編集Activity MapActivity Map レポート に移動します。

  2. リンクデータが Activity Map レポートに収集されます。有効化をおこなうには、まず「Activity Map レポートを有効にする」をクリックして変数を有効にする必要があります。

    この手順により、データの収集が必要な Analytics のディメンションがすべて追加されます。

  3. 約 1 時間後に、Activity Map ページレポートを確認すると、ユーザーがリンクをクリックしたページがすべて表示されます。

手順 3.ユーザーの追加先 Activity Mapアクセス 製品プロファイル

  1. ユーザーをグループに追加」をクリックします。

    これにより、 Adobe Admin Console.

  2. まだ Activity Mapアクセス 製品プロファイルに移動します。 このプロファイルに必要な権限項目は次のとおりです Analytics ツール > Activity Map および Analytics ツール > セグメント公開.

  3. 製品プロファイルにユーザーを追加します。 これにより、ユーザーは、 Adobe Analytics > ツール > ActivityMap .

このページ