ユーザーグループの設定(レガシー)

重要

ユーザーおよび製品管理は、Admin Console に移行されます。ユーザーを移行する時期は、アドビから通知されます。すべての顧客が移行されたら、Analytics管理ツールユーザー管理​のヘルプコンテンツは利用できなくなります。

ユーザーグループの定義ページにあるエレメントの説明。

管理者ユーザー管理グループ新しいユーザグループの追加

要素 説明

グループ名

グループ名です。

グループの説明

許可する権限のタイプなどのグループの目的の説明です。

レポートスイートへのアクセス

  • 利用可能なレポートスイート

このグループがアクセス権を持つすべてのレポートスイートを表示します。

目的のレポートスイートを選択して、「追加」をクリックします。

割り当てられたレポートスイートがグループに含まれているレポートスイートに表示されます。

すべてのレポートスイートへのアクセス:レポートスイートを追加してグループに含める際に、「すべてのレポートスイートへのアクセス」を指定します。この設定は、現在および将来のすべてのレポートスイートにグループ権限を設定します。

  • グループに含まれているレポートスイート

現在、グループに割り当てられているすべてのレポートスイートを表示します。

レポートスイートを削除するには、レポートスイートを選択して、「削除」をクリックします。

レポートへのアクセス

  • トラフィックレポート(ページビュー数、訪問回数、個別訪問者数など、トラフィックに基づくすべてのレポートに対するアクセス権を付与)
  • ツール(除外 IP アドレス、分類、以前の ClickMap など、Reports & Analytics で使用されているツールに対するアクセス権を付与)
  • ビデオおよびモバイルレポート
  • パスレポート(次のページ、フォールアウト、ページでの滞在時間などのパスレポートに対するアクセス権を付与)
  • カスタムパスレポート
  • Test & Target(組織内で Analytics と Target の両方を使用している場合は、Target のレポートに対するアクセス権を付与)
  • SearchCenter
  • Web サービス(レポートおよび管理の両方の API リソースに対するアクセス権を付与)
  • 指標(ページビュー数などのデフォルトの指標やカスタムイベントなどの他の指標を含む、Reports & Analytics の指標に対するアクセス権を付与)
  • Admin Console(ログやレポートスイートの設定など、管理者メニューの様々なコンポーネントに対するアクセス権を付与)
  • レポートのダウンロード(Analytics のユーザーインターフェイス内からレポートをダウンロードすることを許可)
  • Survey(廃止予定の Adobe Survey を使用している場合に、Survey のレポートに対するアクセス権を付与)
  • 高度なレポート機能(マーケティングチャネル、異常値検出、セグメント、計算指標などの高度なレポート機能に対するアクセス権を付与)
  • ソーシャル(Adobe Social のデータから生成されるレポートへのアクセスを許可)
  • Data Connectors(data connector の作成、更新、削除をユーザーに許可)

  • すべてのアクセス

グループメンバーは、レポートグループのすべての項目にアクセスできます。

  • カスタマイズ

グループメンバーはレポートグループのレポートのサブセットにアクセスできます。「カスタマイズ」をクリックしてページを開き、グループメンバーがアクセスできるレポートグループの特定のレポートを選択します。

  • Analytics ツール:一般的な項目(課金、ログなど)、会社の管理、ツール、Web サービスへのアクセス、Report Builder および Data Connectors の統合に関するユーザー権限を有効にします。
  • レポートスイートツール:API アクセス、レポートスイートの管理、ツールとレポートおよびダッシュボードの項目に関するユーザー権限を有効にします。
  • 指標:トラフィック、コンバージョン、カスタムイベント、ソリューションイベントおよびコンテンツ対応などに関する権限を有効にします。
  • ディメンション:eVar、トラフィックレポート、ソリューションレポートおよびパスレポートを含め、詳細なレベルでユーザーアクセスをカスタマイズします。

  • アクセス不可

グループメンバーはレポートグループのレポートにアクセスできません。

すべてのレポートスイート

  • TagManager(すべてのアクセス、カスタマイズ、アクセス不可)

アクティブな TagManager コンテナを持つお客様について、権限がサポートされます。新規ユーザーは使用できません。

アドビでは、Dynamic Tag Management をデプロイすることをお勧めします。

ユーザーログインの割り当て

  • 利用可能なユーザー

現在定義されているすべてのユーザーアカウントを表示します。目的のユーザーアカウントを選択して、「追加」をクリックします。割り当てられたユーザーアカウントが「グループメンバー」フィールドに表示されます。

  • グループメンバー

グループメンバーとして現在割り当てられているすべてのユーザーアカウントが表示されます。ユーザーアカウントを削除するには、ユーザーアカウントを選択して、「削除」をクリックします。

このページ