名前空間

検索可能にする各 ID には、名前空間が割り当てられます。名前空間とは、すべてのレポートスイートにわたって使用される任意の変数でその ID を識別するカスタム文字列のことです。

名前空間の文字列は、データプライバシー要求の一部として ID を提供する際に検索対象にしたいフィールドを識別するために使用されます。データプライバシー要求が送信されると、その要求には、要求で使用するデータ主体の ID を指定する JSON セクションが含まれます。1 人のデータ主体の単一の要求の一部として、複数の ID を含めることができます。JSON の主な構成要素は以下のとおりです。

  • 名前空間の文字列を含む「namespace」フィールド。
  • 「type」フィールド。Adobe Analytics のほとんどの要求で、値は「analytics」になります。
  • 「value」フィールド。値は、各レポートスイートの関連付けられた名前空間の変数に含まれている、Analytics による検索対象となる ID です。

詳しくは、Experience Cloud データプライバシー API のドキュメントを参照してください。

従来の Analytics トラッキング Cookie(Adobe Analytics ID(AAID)とも呼ばれる):

{
   namespace: "AAID",
   type: "standard",
   value: "2CCEEAE88503384F-1188000089CA"
}

値は、ダッシュで区切った 2 つの 16 進数で指定される必要があります。アルファベットのすべての 16 進数の桁は、大文字を使用して指定する必要があります。16 進数値は、先頭にゼロを持つことはできません(先頭にゼロが必要だった廃止された形式とは異なることに注意してください)。

また、"namespace": "AAID" の代わりに(または追加として)"namespaceId": 10 を使用することもできます。その場合、その形式を使用できるその他のアドビ製品が表示されます。

従来の Analytics トラッキング Cookie:廃止された形式

{
   "namespace": "visitorId",
   "type": "analytics",
   "value": "2cceeae88503384f-00001188000089ca"
}

廃止された形式:

値は、16 桁の 2 つの 16 進数または 19 桁の 2 つの 10 進数で指定される必要があります。この値は、ダッシュ、アンダースコアまたはコロンで区切られる必要があります。いずれかの数値が十分な桁数を持たない場合、先頭にゼロを追加する必要があります。

{
    namespace: "ECID",
    type: "standard",
    value: "00497781304058976192356650736267671594"
}

値は、38 桁の 10 進数で指定される必要があります。この数値をデータフィードまたは Data Warehouse レポートからの 2 つの mcvisid_high/low 列または post_msvisid_high/low 列からプルしている場合、2 つの数値がそれぞれ 19 桁になるようにゼロを追加して、大きい値を先にして連結する必要があります。

また、"namespace": "ECID" の代わりに(または追加として)"namespaceId": 4 を使用することもできます。その場合、その形式を使用できるその他のアドビ製品が表示されます。

メモ

Experience Cloud ID(ECID)の旧称は Marketing Cloud ID(MCID)ですが、既存のドキュメント内では、まだその名前で呼ばれている場合があります。

これらの ID は、「analytics」以外の「type」値を使用する Analytics によってサポートされる唯一の ID です。

これらの Cookie ID の任意の値の部分の形式が、その ID について説明した形式に従っていない場合、「値が正しくフォーマットされていません」というエラーと共に、データプライバシー要求は失敗します。

新しいプライバシー JavaScript を使用して、これらの Cookie ID を収集するのが最も一般的です。これにより、これらの JSON ID の関連するすべてのキーと値のペアが自動的に提供されます。

この JavaScript コードによって、前述のフィールド(名前空間、タイプ、値)以外のキーと値のペアが JSON に入力されますが、Analytics でのデータプライバシーの処理で最も重要なのは、前述のフィールドです。他の方法で ID を収集している場合に提供する必要があるのも前述のフィールドのみです。

カスタム訪問者 ID

{
     namespace: "customVisitorID",
     type: "analytics",
     value: "<ID>"
}

カスタム訪問者 ID の名前空間も事前定義されています。

カスタム変数の ID

{
    namespace: "Email Address",
    type: "analytics", 
    value: "john@xyz.com" }, 
{
    namespace: "CRM ID", 
    type: "analytics", 
    value: "123456-ABCD" 
}

カスタムのトラフィック変数またはコンバージョン変数(prop または eVar)の ID の場合は、変数に ID-DEVICE または ID-PERSON ラベルを設定してから、独自の名前空間の名前をその ID タイプに割り当てます。変数を ID-DEVICE または ID-PERSON としてラベル設定する際の名前空間の提供を参照してください。

以前に他の変数やレポートスイート用に定義した名前空間を確認し、再利用することもできます。そのため、このタイプの ID を格納するすべてのレポートスイートで、簡単に同一の名前空間を使用することができます。同一の名前空間をレポートスイート内の複数の変数に割り当てることもできます。例えば、CRM ID をトラフィック変数やコンバージョン変数(ページによっていずれか一方または両方)に格納しているお客様もいます。その場合は「CRM ID」という名前空間を両方の変数に割り当てることができます。

ヒント

これが ID-DEVICE または ID-PERSON ラベルをこの変数に適用する際に指定した名前空間でもある場合を除いて、データプライバシー API に名前空間を指定する際に、変数のわかりやすい名前(レポート UI に表示される名前)や変数の番号(eVar12 など)を使用することはできません。わかりやすい名前ではなく名前空間を使用することによって、同じユーザー ID ブロックで、複数のレポートスイートに対して正しい変数を指定できます。例えば、ID が一部のレポートスイートで異なる eVar に含まれている場合や、フレンドリ名が一致しない場合(特定のレポートスイートに対してフレンドリ名がローカライズされている場合など)。

注意

名前空間「visitorId」と「customVisitorId」は、Analytics の従来のトラッキング cookie と Analytics の顧客訪問者 ID を識別するために予約されています。これらの名前空間を、カスタムトラフィックやコンバージョン変数に使用しないでください。

詳しくは、変数を ID-DEVICE または ID-PERSON としてラベル設定する際の名前空間の提供を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now