Adobe Analytics と GDPR

このドキュメントでは、GDPR におけるデータ主体のアクセス権および削除権に対応するために、Adobe Analytics でどのような作業が必要かを説明します。

アドビの概要

重要

このドキュメントの内容は法的な助言ではなく、その代用になるものでもありません。GDPR に関する助言については、お客様の企業の法務部門にご相談ください。

2018 年 5 月 25 日に、欧州連合の General Data Protection Regulation(GDPR)が施行されました。アドビの対応と、アドビの製品をご利用のお客様への影響について詳しくは、GDPR とお客様への影響を参照してください。

アドビはソフトウェアやサービスを企業に提供する際に、サービスの一環として、お客様に代わって個人データの受信および保管をおこなうデータ処理者としての役割を果たします。アドビはデータ処理者として、お客様の許可と指示(お客様とアドビとの間で締結された契約の内容など)に従って個人データを処理します。

データ管理者であるお客様は、アドビに処理および保管を委任する個人データを決めます。Adobe Experience Cloud ソリューションをご利用のお客様の場合は、お客様が使用しているソリューションと、お客様が Adobe Experience Cloud アカウントに送信するよう設定した情報に基づいて、アドビは個人データをホストします。サンプルのリストについては、Adobe Experience Cloud のプライバシーを参照してください。

アドビによる GDPR データの処理方法

Adobe Cloud Platform(ACP)には統合型ソリューションが用意されており、お客様のデータガバナンスインフラストラクチャと、顧客エクスペリエンスを作成および管理するためのアドビのツールを連携させることができます。Adobe Cloud Platform のこのデータガバナンス機能によって、データガバナンスポリシーとデータ利用を直接リンクさせることができます。

Adobe Analytics による GDPR の処理方法」を確認してください。ここでは、GDPR 対応の手順と、Adobe Experience Cloud GDPR API との統合方法について説明しています。

GDPR 対応の準備とお客様の Adobe Analytics データ

アドビは、お客様自身がレポートスイートのカスタムデータのことを最も熟知していると考えているので、お客様がデータガバナンスの各種設定を指定できるようにしています。

そのため Adobe Analytics にはデータガバナンス用ユーザーインターフェイスが用意されており、データ管理者であるお客様は、Analytics のレポートスイートと、レポートスイート内のすべてのディメンションと指標にプライバシー用ラベルを設定できます。お客様は、個人を直接的または間接的に特定できるデータを含むデータセット内の列を識別し、それらのデータに対するアクセス要求または削除要求を送信できます。各要求では、Analytics のデータガバナンス用ユーザーインターフェイスで設定されたラベルが、対象の要求に対応する固有識別子として扱われます。

ラベルの設定方法について詳しくは、レポートスイートのデータのラベル設定を参照してください。

前提条件

  • GDPR 関連の用語について学びます。

  • ログイン会社名と Experience Cloud 組織をリンクさせます(まだリンクさせていない場合)。アドビカスタマーケアに問い合わせ、組織とアカウントのリンク設定についてお尋ねください。

  • データガバナンスの設定をおこなう Adobe Analytics のレポートスイートを、Experience Cloud 組織にマッピングします。

  • GDPR の削除要求およびアクセス要求に対応できるよう、各レポートスイートのデータ保持ポリシーを設定します。

    メモ

    データ保持期間が設定されていないと、Adobe Analytics は、GDPR API への要求の処理(お客様のエンドユーザーからのアクセス要求または削除要求の処理)をサポートすることはできません。データ保持期間の設定については、カスタマーサクセスマネージャーまでお問い合わせください。

  • 権限の確認:Adobe Analytics でデータガバナンス管理インターフェイスを使用するには、Adobe Analytics の管理者である必要があります。

このページ