使用事例 - 訪問者 ID の抽出

Data Warehouse には、訪問者 ID のリストを抽出できる機能があります。これらの ID は、cookie ID ではなく、コンバージョン変数のいずれかで取得する ID です。この情報を得るための方法はいくつかありますが、次の例は Data Warehouse リクエストを生成するためのショートカットを示しています。

仮に、貴社が顧客および見込み顧客にマーケティング用の電子メールを送信しているとします。社内の電子メールシステムには、それぞれの電子メール受信者の固有の ID が保存されています。(例えば、EMAIL Contact ID).電子メールの設定では、連絡先が電子メールを受け取り、その中にあるリンクをクリックすると、キャンペーン ID と固有の EMAIL Contact ID を使って貴社の Web サイトを訪問するようになっています。例えば、電子メールに次のようなリンクがあるとします。

https://www.test.com/?cid=springmailblast&mid=1363660158

これをコンバージョン変数(eVar)に設定すると、それぞれの電子メールの効果(キャンペーン ID を通して)および電子メールの各受信者がサイトを訪問した頻度(EMAIL Contact ID を通して)を確認できます。

これらの ID を取得するとします。ほとんどのマーケティング担当者は、Web サイトでの行動をセグメント化して、特定の条件を満たす人に再マーケティングを試みます。例えば、電子メールからサイトを訪問して Web サイトのフォームを表示(または完了)したすべての電子メール受信者を対象に、再マーケティングの電子メールを送信することが考えられます。これを行うには、特定のフォームを完了した人の EMAIL Contact ID を識別する方法を見つける必要があります。

その 1 つの方法として、コンバージョン下位関係レポートを使って、Form ID eVar の値を EMAIL Contact ID eVar で分類するというものがあります。ただし、プレビルト機能では、Data Warehouse を使用してそれを行えるようになっています。この機能を使用すると、どの eVar が個別ユーザー ID を保存するかを指定でき(この場合は EMAIL Contact ID)、data warehouse を使用してそれらの ID を簡単に抽出できます。この機能により、対象となる個別訪問者 ID を取り込む data warehouse リクエストを自動的に作成できます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now