レポートアクティビティマネージャー

メモ

この機能は、現在ベータ版でテスト中です。

レポートアクティビティマネージャーでは、組織内の各レポートスイートのレポート処理能力を確認できます。 これにより、管理者はレポートの使用状況を詳細に把握し、ピーク時のレポート作成時の処理能力に関する問題を簡単に診断および修正できます。

組織がレポートリクエストの処理能力に達し、レポートのパフォーマンスが低下した場合、アドビカスタマーケアやエンジニアリングの対応なしで、レポートの問題を自己診断できるようになりました。単一のインターフェイス内でレポートキューを簡単に管理でき、即座に処理してユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。 このツールは次のことを行います。

  • レポートスイート全体の現在のレポート容量についてリアルタイムで通知します。
  • 現在のレポートリクエストに関する詳細なレポートクエリ情報を提供します。キューに登録されているか処理中かに関係なく表示されます。
  • 一部のレポートリクエストを優先し、他のレポートリクエストをキャンセルして容量を解放することで、レポートキューを最適化できます。 つまり、「このレポートは現時点で必要か、それとも、より緊急なレポートを優先してキャンセルできるか」という質問をリアルタイムで確認できます。

レポートアクティビティマネージャーへのアクセス

管理者は、Adobe Analytics で、管理者レポートアクティビティマネージャー​に移動します。

権限

レポートアクティビティを管理するには、(Adobe Admin Consoleで )Analytics 製品管理者権限が必要です。

権限

レポートキューの表示

レポートアクティビティマネージャーの概要ページを開くと、有効なベースレポートスイートのリストが表示されます。

レポートキュー

UI 要素 説明
レポートスイート 監視するレポートアクティビティのベースレポートスイート。
仮想レポートスイート このベースレポートスイートにフィードするすべての仮想レポートスイートを表示します。 仮想レポートスイートでは、適用されるフィルタリングとセグメント化のレベルが追加されるため、レポートリクエストが複雑になります。仮想レポートスイートからのすべてのリクエストが組み合わされて、ベースレポートスイートに送られます。

例えば、5 つの VRS から 10 件のリクエストがある場合、ベースレベルのレポートスイートでは 50 件のリクエストになります。 このようにして、たちまち処理能力に達してしまいます。

使用能力 レポートスイートのレポート処理能力の使用率を、%単位でリアルタイムに表示します。
ステータス 表示される可能性のあるステータスインジケーターは次の 4 つです。
  • 赤 - 最大処理能力:レポートスイートがレポート処理能力の上限に達しています(100%)。
  • 黄色 - ほぼ最大処理能力:レポートスイートが処理能力の上限に達するおそれがあります(90%~99%)。
  • 緑 - 良好:十分なレポート処理能力があります(0%~89%)。
  • グレー - ステータス保留中/無効:レポートの処理能力を確認できません。

レポートアクティビティのその他のアクション

  • 右上の「更新」をクリックすると、結果が更新されます。
  • レポートスイート名の左側にある星印をクリックすると、このレポートスイートがお気に入りに登録されます。
  • 左上の「お気に入り」をチェックすると、お気に入りが表示されます。
  • 検索バーで、名前または ID でレポートスイートを検索できます。
  • レポートスイートをステータスでフィルタリングできます。

個々のレポートスイートのレポートアクティビティの表示

詳細を表示するレポートスイートのタイトルリンクをクリックします。

レポートスイート

折れ線グラフ

折れ線グラフには、選択したレポートスイートの過去 2 時間のレポートアクティビティが表示されます。

  • x 軸は、過去 2 時間のレポート処理能力データを示します。

  • y 軸は、クエリの平均待ち時間を秒単位で示します。

  • 折れ線グラフの上にマウスポインターを置くと、その時点の時刻と平均待ち時間が表示されます。

    詳細

フィルター

アプリケーション(以下のテーブルのリストを参照)、ユーザーおよびプロジェクトでテーブルをフィルタリングできます。

フィルター

概要数値

フィルター

概要数値には、次の情報が表示されます。

概要数値 説明
ユーザー このレポートスイートに現在レポートリクエストを送信しているユーザーの数。
プロジェクト Workspace プロジェクト、Report Builder ワークブックなど。
クエリ 現在実行中のクエリの数。
平均待ち時間 実行中のすべてのクエリの平均待ち時間。
使用能力 このレポートスイートの現在の使用能力。

テーブル

以下の詳細テーブルはレポートスイートの詳細を示しています。

説明
クエリ ID トラブルシューティングに使用できます。
実行時間 クエリが実行されている時間。
待ち時間 クエリが処理されるまでの待ち時間。通常、十分な処理能力がある場合は「0」です。
開始時刻 クエリの処理が開始された時刻(管理者の現地時間)。
アプリケーション レポートアクティビティマネージャーでサポートされているアプリケーションは次のとおりです。
  • Analysis Workspace UI
  • Workspace のスケジュール済みプロジェクト
  • Report Builder
  • ビルダー UI:セグメント、計算指標、注釈、オーディエンスなど。
  • API 1.4 または 2.0 からの API 呼び出し
  • インテリジェントアラート
ユーザー クエリを開始したユーザー。
プロジェクト 保存済みの Workspace プロジェクト名、API レポート ID など(メタデータはアプリケーションによって異なる場合があります)。
月の境界 リクエストがまたぐ月の境界の数。 これにより、リクエストがより複雑になります。
リクエストの複雑さを評価するための、Workspace の指標と分類の数。
セグメント このリクエストに適用されるセグメントの数。 これにより、リクエストがより複雑になります。
ステータス 次のステータスインジケーターがあります。
  • 実行中:リクエストは現在処理中です。
  • 保留中:リクエストは処理待ちの状態です。

レポートリクエストのキャンセル

リクエストをキャンセルするには:

  1. テーブル内の 1 つ以上の​クエリ ID の左側にあるボックスをオンにして、下部にある「リクエストをキャンセル」をクリックします。

    詳細を表示して一括でリクエストをキャンセルすることもできます ( ユーザー, プロジェクトまたは アプリ. キャンセル時にキューに入っていない、または実行されていないプロジェクト、ユーザー、またはアプリケーションに対する以降のリクエストは、アクティビティが更新されても、引き続き表示される場合があります。

  2. 表示される x 個のクエリをキャンセル​ウィンドウで、必要に応じてキャンセルメッセージを変更できます。

  3. 続行」をクリックします。

    cancel-query

例えば、Workspace のアプリケーションユーザーの場合は、プロジェクトに次の通知が表示されます。

cancel-user-notice

よくある質問

質問 回答
追加のレポート処理能力を購入することはできますか? この機能は今後利用可能になる予定です。

このページ