コンテキストデータ変数の eVar へのコピー

処理ルールは、コンテキストデータ変数の値を prop および eVar に移動するために使用されます。処理ルールがないと、Analytics にレポートが出力されないため、コンテキストデータ変数は無意味となります。

コンテキスト変数リストには、過去 30 日間にレポートスイートへ送信されたすべての変数が含まれます。コンテキストデータ変数名を把握しているが、現在のレポートスイートに送信していない場合、値を追加するには、変数名を入力して、「変数名コンテキストデータを追加」をクリックします。

追加

次の例では、search_termコンテキストデータ変数を使用し、その値を eVar3 に配置します。

設定

上記の例は、生成する eVar が少数の場合に適しています。組織に数百のコンテキストデータ変数があり、各変数に独自の eVar が必要な場合は、条件文を使用できます。多数の条件文を単一の処理ルールに含めることができるので、処理ルールの上限である 150 個の範囲内で、レポートスイート内のすべての eVar を生成できます。

次の例では、testhierarchy が設定されている場合にのみ、コンテキストデータ変数 testhierarchy を使用して prop7 を生成します。

条件付き

コンテキストデータ変数の実装について詳しくは、実装ユーザーガイドのコンテキストデータ変数を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now