レポート内の値のクリーンアップ

値が一般的な誤ったつづりと一致する場合、レポート内で正しく表示されるように更新することができます。

意図せずに他の値と一致することがないようにするには、できる限り厳しい一致オプションを使用します。変数(下の例では prop1)に対してレポートを実行し、置換するように選択した語句を検索して、意図しない値と一致しないようにすることができます。文字列の比較では大文字と小文字が区別されます。

ルールセット
条件 prop1 が Shoping で始まる場合
アクション prop1 の値を上書きしてカスタム値 Shopping に設定する

次に例を示します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now