IP アドレスで除外

レポートから、社内の Web サイト活動、サイトのテスト、従業員の使用量など、特定の IP アドレスからのデータを除外できます。IP アドレスデータを除外することにより、レポートの精度が向上します。さらに、データを歪曲するサービス妨害(DoS)や悪意のあるイベントからデータを除外することもできます。除外は、ファイアウォールを使用して設定することもできます。

Analytics管理者すべての管理者IP で除外

メモ

IP アドレスによって除外されたヒットは、サーバーコールとして請求されます。

ワイルドカード(*)を使用すると、アドレス範囲を除外することができます。例えば 0.0.*.0 と入力すると、0.0.0.0 と 0.0.255.0 の間の IP アドレスがすべて除外されます。IP アドレスは 50 つまで除外できます。

ヒント

プライベート IP アドレスを除外する必要はありません。外部 IP アドレスのみがアドビのデータ収集サーバーに到達します。プライベートアドレスには、10.*.*.*192.168.*.*172.[16-31].*.* および 169.254.*.* が含まれます。

IP の不明化の影響

IP の不明化を有効にすると、IP アドレスが不明化される前に IP の除外がおこなわれるので、IP の不明化を有効にする際に、お客様は何も変更する必要はありません。

最後のオクテットが削除されると、IP フィルタリングの前に行われます。最後のオクテットが 0 に置換されるので、末尾が 0 の IP アドレスに一致するように IP 除外ルールを更新します。「* に一致」は、0 にも一致します。

このページ