メニューのカスタマイズ

この機能を使用すると、Reports & Analytics でユーザーに表示されるレポートメニューをカスタマイズできます。レポートを表示または非表示にでき、すべてのユーザーを対象として異なるフォルダーに移動できます。この機能は、企業で特定のレポートしか使用せず、左側のメニューが未使用または不必要なデータであふれるのを避けたい場合に特に役立ちます。

メニューの変更はそのレポートスイートにアクセスするすべてのユーザーに適用されます。ただし、ユーザーはレポートスイートの使用中にメニューをデフォルト設定に戻すことができます。

メモ

メニュー構造の変更は、Report Builder および Ad Hoc Analysis には影響しません。ただし、レポート名の変更は、両方のツールに反映されます。

メニューのカスタマイズの説明

カレンダー 説明
新規フォルダー

選択されているアイテムの上に新しいフォルダーを追加します。少なくとも 1 つのレポートをフォルダーに追加しないと、そのフォルダーは表示されません。

名前変更

現在選択されているアイテムの名前を変更できます。

デフォルトの名前

現在選択されているアイテムの名前をデフォルトに戻します。

表示/非表示の切り替え

現在選択されているアイテムを非表示に(または表示)します。非表示のアイテムは、メニューのカスタマイズページに灰色のラインパターンの背景付きで表示されます。

削除

現在選択されているアイテムをメニューから削除します。

デフォルトに戻す

メニューを元の状態に戻します。

このページ