様々なボット除外方法の比較

次の表に、ボットを除外する様々な方法と、ボットの積み重ね方を示します。

メソッド ボットルール IP アドレスで除外 顧客属性 セグメント化 サードパーティのスコアリング+セグメント 実行時にボット​のサーバー呼び出し​を抑制 カスタムDB VISTAルール
データの除外方法の説明 ユーザーエージェント、​IPアドレス、またはIPアドレスの範囲に基づいて除外 IP アドレス ECID​をボットとして識別する顧客属性のフラグ。 ボットの​動作に基づいて既知のボットを識別するAnalyticsセグメントの条件 境界線XAkamaiボットマネージャーなどのサードパーティ製品は、各ページ表示にボットである可能性に関するスコアを割り当てます。 スコアがAnalyticsに送信され、セグメントを使用して、スコアに基づいてデータをフィルターできます。 ​クライアント側のロジックにより、Analyticsサーバー呼び出しがボットに対して実行されなくなります。 ​VISTAルールを使用すると、特定の条件を満たすボットから別のレポートスイートにトラフィックが移動します。
ボッ​ト名をレポートできますか? × × × × ×
ボットが​訪問しているページを確認できるか。 × × × ×
ボットに対するサーバー呼び出しのコストがかかりますか? ×
データフィードでボットデータを利用できるか × × ×
ボットトラフィックを実際のサーバー呼び出しの​場合と同じようにレポートできるか。 × × ×
データセットから後でデータを削除できるか。 × × は​い、宣言済みIDが実装されます はい、スコアが実装されたら × ×
条件の個別訪問者数の制限に従うか。 × × × × × ×
追加費用が​必要か。 × × ​場合によっては、Analytics SKUに応じて × × は​い — VISTAルールの導入と保守のコスト

このページ