様々なボット除外方法の比較

次の表に、ボットを除外する様々な方法と、ボットの積み重ね方を示します。

メソッド ボットルール IP アドレスで除外 顧客属性 セグメント化 サードパーティのスコアリング + セグメンテーション 実行時にボットのサーバー呼び出しを抑制 カスタム DB VISTA ルール
データの除外方法の説明 ユーザーエージェント、IP アドレス、または IP アドレスの範囲に基づいて除外 IP アドレス ECID をボットとして識別する顧客属性のフラグ ボットの動作に基づいて既知のボットを識別する Analytics セグメントの条件 Perimeter XAkamai Bot Manager などのサードパーティは、各ページビューにボットである可能性のスコアを割り当てます。 スコアが Analytics に送信され、スコアに基づき、セグメントを使用してデータをフィルタリングすることができます。 クライアントサイドのロジックにより、Analytics サーバー呼び出しがボットに対して実行されなくなります。 VISTA ルールを使用して、特定の条件を満たすボットから別のレポートスイートにトラフィックが移動します。
ボット名をレポートできますか? × × × × ×
ボットがアクセスしているページを確認できますか? × × × ×
ボットのサーバー呼び出しコストは発生しますか? ×
データフィードでボットデータを利用できますか? × × ×
ボットトラフィックを実際のサーバー呼び出しのであるかのようにレポートすることはできますか? × × ×
データセットからデータをさかのぼって削除できますか? × × はい、宣言された ID が実装されたら削除できます はい、スコアが実装されたら削除できます × ×
条件の「ユニーク数」制限の対象になりますか? × × × × × ×
追加費用が必要ですか? × × おそらく。Analytics SKU によって異なります。 × × はい。VISTA ルールを実装および維持するためのコストがかかります。

このページ