データセットへのグローバル検索の追加

グローバル検索を使用すると、Customer Journey Analytics の機能が強化され、単体では役に立たないけれど他のデータと結合すると便利なディメンションや属性の一部を報告できるようになります。例としては、モバイルデバイスの属性、OS ディメンションとブラウザーディメンションの属性(ブラウザーのバージョン番号など)があります。「グローバル検索」は参照データセットに似ています。 グローバル検索は Experience Cloud 組織をまたいで適用できます。グローバル検索は、特定の XDM スキーマフィールドを含んだすべてのイベントデータセットに自動的に適用されます(具体的なフィールドについては、以下を参照してください)。グローバル検索データセットは、スキーマの場所(アドビによる分類)ごとに存在します。

従来の Adobe Analytics では、これらのディメンションは単独で表示されます。一方、CJA では、データビューを作成する際に、これらのディメンションを積極的に含める必要があります。接続ワークフローで、グローバル参照用のキーを持つデータセットとしてフラグ付けされたデータセットを選択します。 データビュー UI では、レポートに使用可能なすべてのグローバル検索ディメンションが含まれることを自動的に認識します。 すべての地域およびすべてのアカウントにおいて、検索ファイルは自動的に最新の状態に保たれ、使用可能になります。これらは、顧客に関連付けられた地域固有の組織に保存されます。

Adobe Data Connector データセットでグローバル検索を使用する

グローバル検索データセットは、レポート時に自動的に適用されます。Analytics Data Connector を使用している場合、グローバル検索が提供されているディメンションを取り込むと、このグローバル検索が自動的に適用されます。イベントデータセットに XDM フィールドが含まれている場合は、それに対してグローバル検索を適用できます。

使用可能なグローバル検索フィールド

  • browser
    • browsergroup_idid
  • browser_group
    • browser_groupid
  • os
    • osgroup_idid
  • os_group
    • os_groupid
  • mobile_audio_support - multi
  • mobile_color_depth
  • mobile_cookie_support
  • mobile_device_name
  • mobile_device_number_transmit
  • mobile_device_type
  • mobile_drm - multi
  • mobile_image_support - multi
  • mobile_information_services
  • mobile_java_vm - multi
  • mobile_mail_decoration
  • mobile_manufacturer
  • mobile_max_bookmark_url_length
  • mobile_max_browser_url_length
  • mobile_max_mail_url_length
  • mobile_net_protocols - multi
  • mobile_os
  • mobile_push_to_talk
  • mobile_screen_height
  • mobile_screen_size
  • mobile_screen_width
  • mobile_video_support - multi

グローバル検索ディメンションに関する報告

グローバル検索ディメンションについて報告するには、Customer Journey Analytics でデータビューを作成する際にそれらのディメンションを追加する必要があります。

これで、Workspace で検索データを確認できます。

このページ