Customer Journey Analytics のデータ取り込みオプション

Customer Journey Analytics へのデータの取り込みには、様々なオプションがあります。従来の Adobe Analytics データを移動することを想定しているものもあれば、Adobe Experience Platform から直接データを取り込むことを想定しているものもあります。このリファレンスでは、従うべき手順の概要と、より詳細な情報へのリンクを示します。

従来の Adobe Analytics からのデータの取り込み

このワークフローでは、Adobe Analytics Source Connector を使用し、タグマネージャーとして DTM を使用するか、Launch を使用するかによって異なります。

Adobe Experience Platform(以前の Launch)のタグを使用する場合

  1. データレイヤーの作成をまだ行っていない場合は、行います。データレイヤーは、サイト上の JavaScript オブジェクトのフレームワークで、実装で使用されるすべての変数値が含まれます。データレイヤーを使用すると、実装をより詳細に制御することができ、メンテナンスが容易になります。
  2. Adobe Experience Platform タグを使用して、データ収集用のコードをサイトに導入します(まだ導入していない場合)。このタグ管理ソリューションを使用すると、他のタグ要件と共に Analytics コードを導入できます。タグは、他のソリューションや製品との統合を提供し、カスタムコードの導入に対応します。これらのタスクはすべて、組織の開発チームに依存せずに実行できるので、自らサイト上のコードを更新できます。
  3. Adobe Experience Platform で Adobe Analytics ソースコネクタを作成します。このソースコネクタは、エクスペリエンスデータモデル(XDM)システムと呼ばれる、標準化されたフレームワーク内で Experience Platform に Analytics データを取り込みます。
  4. Customer Journey Analytics を使用して、クロスチャネルレポートのための 1 つ以上の接続とデータ表示を作成します。

Adobe Experience Platform Web SDK と Edge Network を介したデータの取り込み

Adobe Experience Platform Web SDK は、Adobe Experience Cloud のお客様が Adobe Experience Platform Edge Network. を通じて Experience Cloud の様々なサービスとやり取りできるようにする、クライアントサイド JavaScript ライブラリです。

  1. タグで AEP Web SDK 拡張機能を設定し、web プロパティから Adobe Experience Platform Edge Network を通じて Adobe Experience Cloud にデータを送信します。
  2. Customer Journey Analytics を使用して、クロスチャネルレポートのための 1 つ以上の接続データ表示を作成します。

バッチ取り込みとストリーミング取り込みによるデータの取り込み

Adobe Experience Platform では、複数のソースからのデータを統合し、マーケターが顧客の行動をより深く理解できるようにします。Adobe Experience Platform のデータ取り込みは、Platform がこれらのソースからデータを取り込む複数の方法と、そのデータがデータレイク内でどのように保持されてダウンストリームの Platform サービスで使用されるかを表します。

バッチ取り込み

  1. バッチ取り込みを設定して、データをバッチファイルとして Adobe Experience Platform に取り込むことができます。CRM システムのフラットファイルのプロファイルデータ(Parquet ファイルなど)、または Experience Data Model(XDM)レジストリの既知のスキーマに適合するデータを取り込むことができます。
  2. Customer Journey Analytics を使用して、クロスチャネルレポートのための 1 つ以上の接続データ表示を作成します。

ストリーミング取り込み

  1. ストリーミング取り込みを設定して、クライアントおよびサーバーサイドのデバイスから、リアルタイムで Experience Platform にデータを送信できます。
  2. Customer Journey Analytics を使用して、クロスチャネルレポートのための 1 つ以上の接続データ表示を作成します。

Google Analytics データを取り込んで Customer Journey Analytics で分析する

Customer Journey Analyticsを使用して Google Analytics データを解析する方法について、このチュートリアルをご確認ください。

Bulk Data Insertion API を使用してデータを Analytics に取り込んでから、Experience Platform で Adobe ソースコネクタを介して取り込む

  1. Bulk Data Insertion API を使用して、サーバーサイドの収集データを Adobe Analytics に送信します。イベントデータを含む CSV 形式のファイルを送信できます。
  2. Adobe Analytics ソースコネクタを作成して、このコンシューマデータを Adobe Experience Platform に取得します。
  3. Customer Journey Analytics を使用して、クロスチャネルレポートのための 1 つ以上の接続データ表示を作成します。

このページ