Analytics ソースコネクタを通じて渡された Analytics データに関する用語の比較

Adobe Analytics、データフィード、Analytics ソースコネクタ/データレイクおよび CJA には、用語の違いがいくつかあります。このトピックでは、その違いを強調し、明確にすることを目的としています。

関連する用語 Adobe Analytics Adobe Analytics データフィード Analytics ソースコネクタ/データレイク CJA メモ
  • ヒット数
  • 発生件数
  • レコード
  • イベント
発生件数​指標

について詳しくは、以下を参照してください。
データフィードファイルの行(レコード)の数 データセット内の行(レコード)の数

詳しくは、以下を参照してください。
イベント​指標
  • Adobe Analytics では、「ヒット数」と「発生件数」は同義です。
  • 以下の​カスタムイベント​を参照してください。
  • 特定のデータは、Analytics ソースコネクタを介して AEP に渡される際にフィルタリングされます。 Adobe Analytics データと CJA データの比較を参照してください
  • ユニーク訪問者
  • 一意のデバイス
  • 一意の Cookie
ユニーク訪問者​指標

詳しくは、以下を参照してください。
post_visid_high と post_visid_low の個別の値が連結されたもの。

以下を参照してください。
endUserIDs._experience.aaid.id の個別カウント 人物​指標(endUserIDs._experience.aaid.id がユーザー ID として選択された場合)。
  • Adobe Analytics の「訪問者」は、通常、Cookie などの「デバイス識別子」に関連付けられています。AAID は、ECID ではなく、Adobe Analytics のプライマリデバイス識別子です。 AAID、ECID、AACUSTOMID および Analytics ソースコネクタも参照してください。
  • 「訪問者」は CJA の標準の指標ではありません。 ただし、endUserIDs._experience.aaid.id をユーザー ID として選択した場合、CJA の人物指標は Adobe Analytics のユニーク訪問者数とほぼ同じになります。
  • 人物
人物​指標

以下を参照してください。
使用不可 <path>.stitchedIdの個別カウント(ステッチされたデータセットでのみ使用可能) 人物​指標
  • CJA の人物指標は、ユーザー ID の個別カウントです。 CJA 接続でユーザー ID として選択した内容に応じて、人物指標は異なる意味を持つ場合があります。
  • 訪問回数
  • セッション
訪問回数​指標

以下を参照してください。
post_visid_high、post_visid_low、visit_num および visit_start_time_gmt の個別の値が連結されたもの。

以下を参照してください。
使用不可 セッション数​指標
  • イベントの重複排除
  • 指標の重複排除
以下を参照してください。 post_events_list 列には、重複排除されたイベント指標が含まれます。

以下を参照してください。
使用不可 以下を参照してください。
  • Adobe Analytics でのイベント/指標の重複排除は、CJA とは少し異なります。 Adobe Analytics では、データ処理時に重複排除が行われます。 CJA では、重複排除はレポートの実行時に行われるので、柔軟性が向上します。 重複排除された指標は、Adobe Analytics と CJA では少し異なる場合があります。
  • インスタンス指標
以下を参照してください。 「pre」変数が null でない回数(例:eVar1)。 「mid」変数が null でない回数 (例:_experience.analytics.
customDimensions.eVars.eVar1
).
eVar フィールドから作成して、インスタンス​指標を作成できます。
  • インスタンスは、通常、変数の設定回数を判断する手段として、prop 列と eVar 列に関連付けられています。

このページ