削除の影響

Customer Journey Analytics または Adobe Experience Platform で接続、データセット、バッチを削除する際は、事前に以下の点に注意してください。

新しい調査を作成… 結果
Customer Journey Analytics の接続を削除する場合 次の内容を示すエラーメッセージが表示されます。
  • 削除した接続用に作成されたデータビューは、機能しなくなります。
  • 同様に、削除した接続のデータビューに依存するワークスペースプロジェクトは動作しなくなります。
Adobe Experience Platform(AEP)のデータセットを削除した場合 AEP でデータセットを削除すると、そのデータセットからそのデータセットを含むすべての接続へのデータフローが停止します。データセットのデータは、関連付けられた CJA 接続からは自動的に削除されません。
Customer Journey Analytics のデータセットを削除する場合 現在、保存された接続内のデータセットを削除することはできません。接続全体を削除して、操作をやり直す必要があります。(ただし、Adobe Experience Platform のデータセットは削除できます)
(Adobe Experience Platform の)データセットからバッチを削除する場合 バッチが Adobe Experience Platform のデータセットから削除されると、そのバッチを含む Customer Journey Analytics の接続から同じバッチが削除されます。Customer Journey Analytics には、Adobe Experience Platform で削除されたバッチについて通知されます。
Customer Journey Analytics への​取り込み中​にバッチを削除する場合 データセットにバッチが 1 つしかない場合、そのバッチからのデータも部分的なデータも Customer Journey Analytics には表示されません。取り込みがロールバックされます。例えば、データセットに 5 つのバッチがあり、そのうち 3 つがデータセットの削除時に既に取り込まれている場合、これら 3 つのバッチのデータは Customer Journey Analytics に表示されます。
Adobe Experience Platform のルックアップデータセットを削除した場合 データセットの削除は、他のソースコネクタでは可能ですが、Analytics 分類データコネクタでは現在サポートされていません。データセットを誤って削除した場合は、Adobe カスタマーサポートにお問い合わせください。

このページ