Adobe Analytics ユーザー向け CJA ユーザーガイド

Customer Journey Analytics(CJA)の採用に着手すると、従来の Analytics との類似点と相違点に気がつきます。このページでは、この CJA の実装と新しいレポートワークフローに慣れるために、これらの相違点について説明します。また、新しい概念に関する追加のリソースを提供するほか、アナリストとしてのジャーニーをより簡単に成功させるための手順についても説明します。

CJA のいくつかの機能は、業界標準に合わせて名前が変更され、再設計されています。更新された用語には、セグメント、仮想レポートスイート、分類、顧客属性、コンテナ名などがあります。カスタムディメンションおよび指標を柔軟に使用できるように、eVar と prop の制限は撤廃されました。

変更されていない点

レポート面で使い慣れた内容の多くは変更されていません。

  • データ分析には、強力な Analysis Workspace を引き続き使用できます。CJA 内でのワークスペースの動作は、従来の Adobe Analytics 内の動作と同じです。
  • Adobe Analytics ダッシュボードも、同じバージョンを使用可能で、CJA と従来の Analytics で同様に機能します。
  • Report Builder には、MS Windows、macOS および Excel(web バージョン)で動作する新しいインターフェイスが用意されています(以前のバージョンの Report Builder は、VMware 上で実行しない限り、Mac 上では使用できませんでした)。ただし、このバージョンは、従来の AA データリクエストにはまだ対応していません。

レポートの変更点

より多くのクロスチャネルデータにアクセスして分析できるようになりました。例えば、これらのデータセットが取り込まれて CJA の使用するデータビューに含まれる場合、複数のチャネルのパフォーマンスを分析するワークスペースプロジェクトを作成できます(次の「データアーキテクチャの変更」を参照)。

マルチチャネルビジュアライゼーション

データアーキテクチャの変更

CJA は Adobe Experience Platform からデータを取得します。Experience Platform を使用すると、顧客データとコンテンツを、どのシステムまたはチャネルからでも一元管理および標準化できます。データサイエンスと機械学習を適用して、パーソナライズされたエクスペリエンスのデザインと配信を大幅に改善できます。

Experience Platform 内の顧客データは、スキーマとデータのバッチで構成されるデータセットとして保存されます。Experience Platform について詳しくは、Adobe Experience Platform アーキテクチャの概要を参照してください。

CJA 管理者は、まず Experience Platform のデータセットへの接続を確立します。その後、この接続を使用して、データビューを作成します。データビューは、概念的には仮想レポートスイートと似ており、CJA でのレポートの基礎となります。レポートのすべてのデータは Experience Platform から提供されるので、レポートスイートはデータのコンテナとしては使用されなくなりました。

接続を使用すれば、次のビデオのように、Adobe Experience Platform のデータセットを Analytics 管理者が CJA に統合できます。

アドビでは、Adobe Analytics ソースコネクタや Web SDK を使用したレポートスイートデータなど、Adobe Experience Platform にデータを取り込む方法を複数用意しています。複数のレポートスイートにある既存の実装を Experience Platform で組み合わせることもできます。また、これらのデータセットに基づく接続とデータビューを使用すると、以前別々のレポートスイートに存在していたデータを組み合わせることができます。

仮想レポートスイートの概念の変更

データビューは、現在の仮想レポートスイートの概念をさらに拡大するものです。接続で使用可能になるデータを、さらに制御できるようになります。これらの変更により、タイムゾーンやセッションのタイムアウト間隔などの一般的な設定が、設定したり遡及したりできるようになりました。アトリビューションや有効期限などの個々の変数設定は、レポートレベルまたはデータビューレベルでカスタマイズすることもできます。これらの設定は、ノンデストラクティブ(非破壊的)であり遡及可能です。

右上のレポートスイートセレクターで、使用可能なデータビューから目的のデータビューを選択できるようになりました。

データビューセレクター

詳しくは、データビューに関するユースケースを参照してください。

eVar および prop の概念の変更

従来の Adobe Analytics の eVar、prop およびイベントの概念は、Customer Journey Analytics には存在しません。Adobe Analytics では、eVar と prop によって、コンテンツや顧客、キャンペーンなどの説明が格納され、イベントによって、売上高やサブスクリプション、獲得したリードなどがカウントされます。Customer Journey Analytics では、両方のタイプのデータが保持され、Analysis Workspace の左パネルの「ディメンション」または「指標」から、同じ方法でアクセスできます。

CJA では、ディメンション、指標、リストフィールドなど、無制限のスキーマ要素を使用できます。これらは、Experience Platform 内のディメンション、指標、リストフィールドなど、無制限のスキーマ要素にマッピングされます。Adobe Analytics ではルールの処理後にすべての訪問およびアトリビューションの設定が適用されますが、Customer Journey Analytics ではクエリ時に適用されます。

この柔軟性により、1 つのスキーマフィールドをディメンションと指標の両方で使用し、異なるトラッキングニーズに対応することも可能になりました。

セグメントの概念の変更

アドビでは、業界標準に合わせて、また、Adobe Experience Platform のセグメントとの区別を明確にするために、「セグメント」コンポーネントの名前を「フィルター」に変更しました。

Customer Journey Analytics では、eVar、prop、イベントを使用せず、代わりに、マッピング先の Experience Platform のスキーマフィールド名を使用します。つまり、Adobe Analytics の既存のセグメントはすべて、Customer Journey Analytics では互換性がなく、使用できません。既存の Adobe Analytics セグメントを Customer Journey Analytics に移行するには、次のビデオを参照してください。

Customer Journey Analytics から Experience Platform 統合プロファイルへのフィルター(セグメント)の共有や公開はまだできません(この機能は現在開発中です)。

セグメントの概念の変更に加えて、セグメントコンテナも次のように更新されます。

  • ヒットコンテナは、イベントコンテナになりました。​このイベントコンテナを使用すると、個々のページビュー数/ヒット数に基づいて訪問者情報を分類できます。
  • 訪問コンテナは、セッションコンテナになりました。セッションコンテナでは、特定のセッションのページインタラクション、キャンペーンまたはコンバージョンを識別できます。
  • **訪問者コンテナは、ユーザーコンテナになりました。**ユーザーコンテナには、指定した期間内の訪問者に対するすべてのセッションとイベントが含まれます。

計算指標の概念の変更

計算指標は、従来の Analytics と CJA で同じような名前が付けられています。ただし、 Customer Journey Analytics では、eVar、prop またはイベントを使用しなくなりました。代わりに Experience Platform スキーマ要素を使用します。つまり、既存の計算指標はすべて、Customer Journey Analytics では互換性がなく、使用できません。Adobe Analytics の計算指標を Customer Journey Analytics に移行するには、次のビデオを参照してください。

変数アトリビューションと有効期限の設定の変更

Customer Journey Analytics では、アトリビューションや有効期限を含むすべての変数設定を、レポート時に適用します。これらの設定は、現在、データビューにあり、一部の変数設定(アトリビューションなど)はワークスペースプロジェクトで変更できます。

同じデータビューで、同じ変数の複数のバージョンを持つことができます。例えば、30 日後に期限切れになるトラッキングコードディメンションと、セッションの終わりに期限切れになるトラッキングコードディメンションを設定できます。これらのトラッキングコードディメンションは、両方とも同じソースデータを使用しますが、アトリビューション設定が異なります。

また、同じ接続に基づいて複数のデータビューを持つこともできます。例えば、セッションタイムアウトが 30 分のデータビューと、セッションタイムアウトが 15 分のデータビューです。両方のデータビューが右上のセレクターに表示されるので、シームレスに切り替えることができます。

分類の概念の変更

「分類」は「ルックアップデータセット」になりました。ルックアップデータセットは、イベントまたはプロファイルデータにある値やキーを検索するために使用されます。例えば、イベントデータ内の数値 ID を製品名にマッピングするルックアップデータをアップロードできます。ユースケースの例については、アカウントレベルのデータをルックアップデータセットとして追加を参照してください。

顧客属性の概念の変更

「顧客属性」は「プロファイルデータセット」になりました。プロファイルデータセットには、イベントデータの訪問者、ユーザーまたは顧客に適用されるデータが含まれています。例えば、顧客に関する CRM データをアップロードできます。含める人物 ID を選択できます。Experience Platform で定義された各データセットには、1 つ以上の人物 ID セットが定義されています。

訪問者の識別方法の変更

CJA では、ECID 以外にも ID の概念を拡張し、顧客 ID や Cookie ID、ステッチされた ID、ユーザー ID、トラッキングコードなど、任意の ID を使用できるようになりました。複数のデータセットをまたいで共通の名前空間 ID を使用するか、Cross-Channel Analytics を使用すると、異なるデータセットをまたいで人々をリンクできます。CJA でワークスペースプロジェクトを設定するユーザーは、複数のデータセットをまたいで使用される ID を理解する必要があります。次のビデオでは、CJA での ID の使用について説明しています。

低トラフィックディメンション項目の概念の変更

従来の Adobe Analytics では、変数が一意の値を受け取りすぎたとき、低トラフィックのディメンション項目のバケット化が始まります。CJA では、このような基数の高いフィールドに対する制限が緩和されました。レポートアーキテクチャが変更されたことで、Analysis Workspace では、より多くの一意のディメンション項目に関するレポートを作成できるようになっています。一意の値を多く含むディメンションのレポートを CJA がどのように最適化するかについて詳しくは、ロングテールを参照してください。

このページ