クイックフィルター

プロジェクト内にクイックフィルターを作成すると、 フィルタービルダー 全体が複雑になるのを回避できます。クイックフィルター

  • クイックセグメントを作成したプロジェクトにのみ適用できます(変更可能)。
  • 最大 3 つのルールを許可
  • ネストされたコンテナや順次ルールに対応しません。

クイックフィルターと本格的なコンポーネントリストフィルターの機能の比較については、 こちら を参照してください。

重要

クイックフィルターは現在、制限付きテスト中のため、一般にはまだ使用できません。

前提条件

クイックセグメントは誰でも作成できます。ただし、クイックセグメントを保存したり、セグメントビルダーで開いたりするには、Adobe Admin Console でセグメントの作成権限が必要です。

クイックフィルターの作成

フリーフォームテーブルで、パネルヘッダーのフィルター + アイコンをクリックします。

セグメントフィルター

設定 説明
名前 フィルターのデフォルト名は、フィルター内のルール名の組み合わせです。フィルターの名前を、わかりやすい名前に変更できます。
含む/除く フィルター定義にコンポーネントを含めるか除外することはできますが、両方を使用することはできません。
ヒット/訪問/訪問者コンテナ クイックフィルターには、ディメンション/指標/日付範囲をフィルターに含める(または除外する)ための フィルターコンテナ が 1 つだけ含まれます。訪問者 には、訪問およびページビューをまたいで訪問者に固有の、包括的なデータが含まれます。訪問 コンテナでは、訪問者のデータを訪問に基づいて分類するルールを設定でき、 ヒット コンテナでは、訪問者情報を個々のページビューに基づいて分類できます。デフォルトのコンテナは ヒット です。
コンポーネント(ディメンション/指標/日付範囲) コンポーネント(ディメンション、指標、日付範囲、ディメンション値)を追加して、最大 3 つのルールを定義できます。適切なコンポーネントを見つける方法は 3 つあります。
  • 入力を開始すると、 クイックフィルター ビルダーが適切なコンポーネントを自動的に見つけます。
  • ドロップダウンリストを使用して、コンポーネントを検索します。
  • データセットを左側のパネルからドラッグ&ドロップします。
演算子 標準演算子と 個別カウント 演算子を検索するには、ドロップダウンメニューを使用します。詳しくは、 フィルター演算子を参照してください。
プラス(+)記号 別のルールの追加
AND/OR 修飾子 「AND」修飾子または「OR」修飾子をルールに追加できますが、「AND」と「OR」を 1 つのフィルター定義で混在させることはできません。
適用 このフィルターをパネルに適用します。フィルターにデータが含まれていない場合は、続行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
ビルダーを開く フィルタービルダーを開きます。フィルタービルダーで保存または適用したフィルターは、「クイックフィルター」とは見なされなくなります。これは、コンポーネントリストフィルターライブラリの一部になります。
キャンセル このクイックフィルターをキャンセル - 適用しないでください。
日付範囲 バリデーターは、データ参照にパネルの日付範囲を使用します。 ただし、クイックフィルターで適用した日付範囲は、パネルの上部にあるパネルの日付範囲より優先されます。
プレビュー(右上) 有効なフィルターがあるかどうか、およびフィルターの範囲を確認できます。このフィルターを適用した場合に予想されるデータセットの分類を表します。このフィルターにデータがないことを示す通知が表示される場合があります。 この場合は、続行するか、フィルター定義を変更できます。

次に、ディメンションと指標を組み合わせたフィルターの例を示します。

フィルター定義の例

上部にフィルターが表示されます。左側のフィルターライブラリにあるコンポーネントレベルのフィルターの青いサイドバーとは異なり、青いストライプのサイドバーに注意してください。

フィルターコンポーネントの場所

クイックフィルターの編集

  1. クイックフィルターの上にマウスポインターを置いて、鉛筆アイコンを選択します。
  2. フィルター定義またはフィルター名を編集します。

クイックフィルターの保存

クイックフィルターは、 クイックフィルタービルダー または フィルタービルダー で保存するよう選択できます。

重要

フィルターを保存または適用すると、クイックフィルタービルダーでは編集できなくなり、通常のフィルタービルダーでのみ編集できます。

クイックフィルタービルダーで保存

  1. クイックフィルターを適用したら、その上にマウスポインターを置いて、情報(「i」)アイコンを選択します。
  2. すべてのプロジェクトで使用できるようにして、コンポーネントリストに追加する」をクリックします。
  3. (オプション)フィルターの名前を変更します。
  4. 保存」をクリックします。

フィルターのサイドバーが青いストライプから明るい青に変わります。これで、左側のパネルのコンポーネントリストに表示されます。

フィルタービルダーで保存

  1. クイックフィルターの上にマウスポインターを置いて、情報(「i」)アイコンを選択します。

  2. フィルターを保存」を選択します。

  3. 名前はそのままにするか、フィルターの名前を変更します。

    ワークスペースに戻り、フィルターが明るい青のサイドバーになっていることを確認します。これは、クイックフィルタービルダーで編集/開くことができなくなったことを示します。 保存すると、コンポーネントリストの一部になります。

    フィルターコンポーネントのリスト

フィルターを適用したら、フィルターコンポーネントリストに追加して、すべてのプロジェクトで使用できるようにします。

  1. 保存したフィルターの上にマウスポインターを置いて、鉛筆アイコンを選択します。

  2. フィルタービルダーの上部に、次のダイアログが表示されます。

    フィルターダイアログ

  3. すべてのプロジェクトで使用できるようにして、コンポーネントリストに追加する」の横にあるチェックボックスを選択します。

  4. 保存」をクリックします。

  5. フィルターが、すべてのプロジェクトのフィルターコンポーネントリストに表示されます。

  6. また、組織内の他のユーザーと フィルターを共有 することもできます。

プロジェクトのみのフィルターとは

プロジェクトのみのフィルターは、クイックフィルターまたはアドホックワークスペースプロジェクトフィルターです。 フィルタービルダーでそれらを編集または開くと、プロジェクト専用のボックスが表示されます。

ビルダーでクイックフィルターを適用しても、「使用可能にする」ボックスをオンにしない場合、そのフィルターはプロジェクトのみのフィルターのままですが、クイックフィルタービルダーでは開くことができなくなります。このボックスをオンにして「保存」をクリックすると、これがコンポーネントリストのフィルターになります。

このページ