フィルターの作成

フィルタービルダーのキャンバスに指標、ディメンション、フィルターおよびイベントをドラッグ&ドロップすると、コンテナ階層の論理、ルールおよび演算子に基づいて訪問者をフィルタリングできます。この統合開発ツールを使用すると、訪問やページヒットを対象として訪問者の属性やアクションを識別する、簡単なフィルターや複雑なフィルターを作成して保存できます。

任意のコンポーネントタイプ(ディメンション、ディメンション項目、イベント、指標、フィルター、フィルターテンプレート、日付範囲)をパネルの上部にあるフィルタードロップゾーンにドロップすることで、フィルターを即座に作成できます。

コンポーネントタイプはフィルターに自動変換されます。また、「フィルターを追加」ドロップボックスの「+」記号をクリックすることもできます。

次の点に注意してください。

  • フィルターを作成できない計算指標およびディメンション/指標のコンポーネントタイプをフィルターゾーンにドロップすることは​できません
  • Analysis Workspace では、すべてのディメンションおよびイベントに対して、「存在する」ヒットフィルターを作成します。例:「eVar1 が存在するヒット」または「event1 が存在するヒット」。
  • 「未指定」または「なし」がフィルタードロップゾーンにドロップされると、フィルターで正しく扱えるように、自動的に「存在しない」フィルターに変換されます。

メモ

この方法で作成されたフィルターは、プロジェクト内部にあります。

次の手順に従うことで、これらのフィルターを公開(グローバル)できます。

  1. ドロップゾーンのフィルターの上にマウスポインターを置いて、「i」アイコンをクリックします。

  2. 表示される情報パネルで、「公開する」をクリックします。

フィルターを適用するその他の方法

プロジェクトにフィルターを適用するには、他にもいくつかの方法があります。

アクション 説明
選択範囲からフィルターを作成 インラインフィルターを作成します。行を選択して、選択範囲を右クリックし、インラインフィルターを作成します。このフィルターは、オープンプロジェクトにのみ適用し、CJA フィルターとして保存されません。1. 行を選択します。2. 選択範囲を右クリックします。3. 「選択内容からフィルターを作成」をクリックします。
コンポーネント/新しいフィルター フィルタービルダーを表示します。フィルタリングについて詳しくは、フィルタービルダーを参照してください。
共有/プロジェクトを共有または共有/プロジェクトデータをキュレート キュレーションおよび共有では、プロジェクトに適用するフィルターを、受信者に共有された分析で使用する方法について学習します。
フィルターをディメンションとして使用 ビデオ:Analysis Workspace でフィルターをディメンションとして使用。

このページ