アドホックプロジェクトフィルター

アドホックプロジェクトフィルターを使用すると、任意のコンポーネントをパネルドロップゾーンに直接ドラッグ&ドロップして、フィルターを作成できます。このフィルターは、現在のプロジェクトに対してローカルな、プロジェクトレベルのフィルターになります。

次に、アドホックプロジェクトフィルターの作成に関するビデオを示します。

  1. 任意のコンポーネントタイプ(ディメンション、ディメンション項目、イベント、指標、セグメント、セグメントテンプレート、日付範囲)をパネルの上部にあるフィルタードロップゾーンにドロップします。コンポーネントのタイプは、アドホックフィルターまたはクイックフィルター(互換性がある場合)に自動変換されます。

    次に、Twitter 参照ドメインのフィルターの作成方法の例を示します。

    パネルにこのフィルターが自動的に適用され、結果をすぐに確認できます。

  2. 1 つのパネルに追加できるフィルターの数に制限はありません。

  3. このフィルターを保存する場合は、次の節を参照してください。

次の点に注意してください。

  • フィルターを作成できない計算指標およびディメンション/指標のコンポーネントタイプをフィルターゾーンにドロップすることは​できません
  • Analysis Workspace では、すべてのディメンションおよびイベントに対して、「存在する」ヒットフィルターを作成します。例:Hit where eVar1 exists または Hit where event1 exists
  • 「未指定」または「なし」がフィルタードロップゾーンにドロップされると、フィルターで正しく処理できるようにするため、「存在しない」フィルターに自動変換されます。

アドホックプロジェクトフィルターの保存

次の手順に従うことで、これらのフィルターを保存できます。

  1. ドロップゾーンのフィルターの上にマウスポインターを置いて、「i」アイコンをクリックします。
  2. 編集を示す鉛筆アイコンをクリックして、フィルタービルダーに移動します。
  3. すべてのプロジェクトで使用できるようにして、コンポーネントリストに追加する」チェックボックスをオンにします。
  4. 保存」をクリックします。

保存すると、フィルターが左側のパネルのコンポーネントリストで使用できるようになり、フィルターマネージャーで他のユーザーと共有できます。

このページ