日付範囲を管理

メモ

Customer Journey Analytics 内の Analysis Workspace に関するドキュメントを表示しています。この機能セットは、従来の Adobe Analytics の Analysis Workspace とは少し異なります。詳細情報…

日付範囲マネージャーを使用して、日付範囲の共有、名前の変更または削除を行います。 日付マネージャーにアクセスするには:

  1. ログイン先 analytics.adobe.com Adobe ID資格情報を使用している。
  2. 移動先 コンポーネント > 日付範囲.

インターフェイス

UI

日付範囲マネージャーには、次のオプションが含まれます。

  • 追加:新しい日付範囲を作成します。 詳しくは、 日付範囲の作成 」を参照してください。
  • タイトルで検索:タイトルで日付範囲を検索します。 結果は、ここに入力したテキストに基づいてフィルタされます。
  • フィルタ:左の列を使用して日付範囲をフィルターします。 自分が作成したカスタムタグ、所有者、お気に入り、承認済み、または自分と共有しているユーザーをフィルターできます。 また、目的のフィルターを検索することもできます。
  • お気に入り:「 star アイコンをクリックして、お気に入りに追加します。
  • 列のカスタマイズ:「 列 アイコンをクリックし、日付範囲マネージャーで列の表示/非表示を切り替えます。

1つ以上の日付範囲の横にあるチェックボックスをクリックすると、その他のオプションが表示されます。

  • タグ:選択したすべての日付範囲にタグを適用します。 タグを使用すると、日付範囲を整理し、左の列を使用して日付範囲をフィルターできます。
  • 共有:日付範囲を他のExperience Cloudユーザーと共有します。 製品管理者は、組織全体またはグループ全体にも共有できます。 組織内の他のユーザーに共有される日付範囲には、 共有 アイコンが表示されます。
  • 削除:選択した日付範囲を完全に削除します。
  • 名前の変更:1つの日付範囲を選択した場合は、そのタイトルを変更できます。
  • 承認:製品管理者は、日付範囲に承認スタンプを追加できます。 承認された日付範囲は、組織内のユーザーに対して、そのユーザーが「公式」であることを通知し、組織内の他のユーザーが作成した日付範囲と区別します。 承認された日付範囲には、 承認済み アイコンが表示されます。
  • 未承認:製品管理者が既に承認済みの日付範囲を選択している場合は、承認を取り消すことができます。
  • コピー:選択した日付範囲のコピーを作成します。 日付範囲をコピーすると、 (Copy) を、新しくコピーされた日付範囲のタイトルの末尾に追加します。
  • CSVにエクスポート:選択したすべての日付範囲をCSVファイルにエクスポートします。 結果のCSVファイル内の列には、日付範囲マネージャー内の表示可能な列がすべて含まれます。

このページ