データレイヤーを使用した Experience Platform Launch 経由のページ名およびその他の変数の設定

Analytics やその他の Experience Cloud ソリューションにデータレイヤーを使用することは、ベストプラクティスと見なされます。このビデオでは、データレイヤーから値を取り込み、Experience Platform Launch でその値を使用して Adobe Analytics に変数を設定する方法を説明します。

データレイヤー

サイトや Adobe Experience Cloud ソリューション、特に Adobe Analytics でデータを操作する際には、データレイヤーを使用することをお勧めします。データレイヤー とは、開発者がページに挿入する JavaScript オブジェクトのフレームワークのことを指します。データレイヤーは、トラッキングツール(Experience Platform Launch のようなタグ管理システムなど)でレポートへの情報入力に使用できます。データレイヤーに関する追加情報は、 Experience Cloud ドキュメント または W3C サイト で検索してください。

また、 データレイヤー:バズワードからベストプラクティスまで のブログを参照してください。このブログでは、データレイヤーに関する優れた情報と、いくつかの例を紹介しています。

データレイヤー、Experience Platform Launch、Adobe Analytics

  1. サイトで使用するデータレイヤー標準を作成します。これは、Experience Platform Launch で参照できます。

    1. Experience Platform Launch への呼び出しの前に、このデータレイヤーをページの先頭のできるだけ上部に配置して、Launch や、Adobe Target のようにページの上部に表示される必要のあるアドビのソリューションで、すぐに値を使用できるようにします。
  2. データレイヤーにデータを入力します。

  3. Experience Platform Launch で、データレイヤーのデータポイントを参照する「データ要素」を作成します。これは、 Experience Platform Launch 全体で ルール や 拡張機能 などで使用できます。

  4. Analytics 拡張グローバル変数またはルールのいずれかで データ要素 を使用し、値を props、 eVars、 pageName、 またはその他の Analytics 変数に割り当てます。

  5. データを Analytics に送信するビーコンをトリガーします。

次のビデオでは、プロセスを順を追って説明します。

このページ