データレイヤーを使用したページ名および他の変数の設定( Experience Platform Launch

ベストプラクティスとして、他のExperience Cloudソリューション用のデータレイヤー Analytics を使用することをお勧めします。 このビデオでは、データレイヤーから値を取り出し、それらをで使用してAdobe Analyticsの変数を設定する方法 Experience Platform Launch を説明します。

データレイヤー

サイト上のデータ、特にAdobe AnalyticsでAdobe Experience Cloudのソリューションを扱う場合は、データレイヤーを使用することをお勧めします。 「データ層」とは、開発者がページに挿入する JavaScript オブジェクトのフレームワークのことを指します。The data layers can be used by tracking tools (including tag management systems like Experience Platform Launch) to populate reports. データレイヤーに関する追加情報は、 Experience Cloudドキュメント または W3Cサイトで確認できます

さらに、ブログの データレイヤーを参照してください。BuzzwordからBest Practice(ベストプラクティス)まで、データ層に関する優れた情報と例をいくつか示しています。

データレイヤー、 Experience Platform LaunchおよびAdobe Analytics(ああ?)

  1. サイトで使用するデータレイヤ標準を作成し、を参照できるようにし Experience Platform Launchます。

    1. このデータレイヤーは、ページの先頭、への呼び出しの前にできる限り高くし、値をすぐに使用できるよう Experience Platform LaunchLaunchにします。そのため、値は、Adobe Targetのようにページ上で高くする必要があるAdobeソリューションで使用できます。
  2. データレイヤーにデータを入力します。

  3. で Experience Platform Launchは、データレイヤー内のデータポイントを参照し、ルール、extensions、 Experience Platform Launch extensions、などですべて使用できる「 data elements」を作成し ます。

  4. 拡張グローバル変数またはルールで データ要素 を使用し Analytics 、値をprop、 eVars、pageVars Analytics 、otheVarsに割り当てます。

  5. データを送信するビーコンをトリガし Analyticsます。

次のビデオでは、このプロセスの概要を説明します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free