Experience Cloud Debuggerで後処理された表示ヒット

処理後のデータがExperience Cloud Debuggerで使用できるようになりました。 Experience Cloudを介してログインし、「後処理されたヒットを取得」をオンにして、VISTAおよび処理ルールの適用後のヒットを確認します。 例えば、処理ルール内のコンテキストデータのマッピングに大きく依存している場合、各コンテキストデータ変数がデバッガーのどこに直接保存されるかを確認できます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now