タグマネージャーを使用しないカスタムリンクトラッキング

ページ上の多くのアクションでは、追跡をページの表示のように扱わないでください。 このビデオでは、(Adobeなどの)タグマネージャーを使用していない場合に、Analyticsにリンクトラッキングビーコンをコーディングする方法を学びま Experience Platform Launchす。 コードを参照し、重要なヒントを学びます。

s.tl()ビーコンの送信

データをAdobe Analyticsに送信する関数は2つあります。

  1. s.t() - 「track」ビーコン。ページ表示のヒットで、特定のページ名のページ表示を増分し、他の変数を設定します
  2. s.tl() - 「リンクを追跡」ビーコン。「カスタムリンク」ヒット/ビーコンと呼ばれることが多く、ページ表示を増分せず、pageName変数を無視します。 これは、通常、ページ上で新しいページや画面を読み込まない小さなアクションや、新しいページを読み込まないその他のアクションを追跡するために使用します。
メモ

このビデオでは、Adobeのようなタグマネージャーを使用していない場合に、カスタムリンクのヒットをコード化する方法を示 Experience Platform Launchします。 導入には、アドビのベストプラクティス Experience Platform Launchとなる推奨事項を使用することをお勧めします。 ただし、内のコードを作成する必要がある場合は、次 s.tl()の方法を使用します。

サンプルコード

ビデオ内のカスタムリンクで使用されているサンプルコードを次に示します。

<a href="#" onclick="
    s.linkTrackVars='events,eVar2,prop2';
    s.linkTrackEvents=s.events='event2';
    s.eVar2='facebook share';
    s.prop2='facebook share';
    s.tl(this,'o','Social Share');
    s.manageVars('clearVars',s.linkTrackVars,1);">
    Click here to share on FaceBook
</a>

カスタムリンクについて詳しくは、 ドキュメントを参照してください

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free