Report Builderを使用してAdobe AnalyticsAPIを学ぶ

Report Builderは、皆さんが知り合いです。では、Report Builderについて知っているものを使って、Adobe Analyticsの技術をさらに進められると言ったらどうでしょう? このビデオでは、デバッグReport Builderリクエストを実行し、それらを使用して独自のAnalytics APIクエリを作成する方法を学びます。

更新: Report Builderで、データのリクエスト方法が少し更新されました。このビデオのアプローチは引き続き使用できますが、デバッガーでは情報が少し異なります。

デバッガー:

1 - api5.omniture.comを検索します。 データセンターによっては、1 ~ 5の数値が異なる場合があります。

2 - 「リクエスト」タブに移動します。

3 — リクエスト内で'Report.Queue'を検索します。

このようなリクエストをデバッグする別の方法もあり、同じように機能します。 Report Builderのログをオプションメニューからオンにすると、デバッガと同じ情報が記録されます。 ログはドキュメント > ReportBuilderLogsの下にあり、日別に整理されます。 ファイルで「Report.Queue」を検索し、各リクエストを検索できます。 ログは、問題のトラブルシューティングにも役立ちます。

この機能の詳細については、ドキュメントを参照してください。

このページ