概算数 DistinctFunctionin 計算指標

計算指標ビルダーに、おおよそのカウントの異なる 関数が追加されました。 待ち時間の長い関数で、選択したdimensionのdimension項目の近似個別カウントが返されます。

指標を任意のレポートで使用して、他の値に対する1つのディメンションの数を把握できます。 例えば、マーケティングチャネル別の個別顧客数。

このページ