計算指標での個別概算カウント関数

個別概算カウント 関数が計算指標ビルダーに追加されました。 選択したディメンションのディメンション項目の個別カウントを返すのは、待ち時間の長い関数です。

任意のレポートで指標を使用すると、1つのディメンションの数を他の値と比較できます。 例えば、マーケティングチャネル別の個別顧客の数などです。

このページ