Report Builderを使用したAdobe AnalyticsAPIの学習

Report Builder は私たちが知り、愛するものです。 では Report Builderの知識を使ってAdobe Analyticsの技術をさらに進めると言ったら ? このビデオでは、デバッグ Report Builder リクエストを作成し、それらを使用して独自の Analytics APIクエリを作成する方法を学びます。

更新: Report Builder は、データの要求方法を少し更新しました。 このビデオのアプローチは引き続き使用できますが、デバッガーでは情報が少し異なります。

デバッガー:

1 - api5.omniture.comを検索します。 データセンターによっては、1 ~ 5の数値が異なる場合があります。

2 - Go to the Request tab

3 — リクエスト内で「Report.Queue」を検索します。

このようなリクエストをデバッグする別の方法もあり、同じように機能します。 [ Report Builderメニューで] ログをオンにすると、デバッガと同じ情報が記録されます。 ログは ドキュメント /ReportBuilderログにあり、日別に整理され ます。 ファイルで「Report.Queue」を検索し、各リクエストを検索できます。 ログは、問題のトラブルシューティングにも役立ちます。

この機能の詳細については、 ドキュメントを参照してください

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free