Analysis Workspace での セグメント ドロップゾーンの改善

セグメントドロップゾーンが改善され、本当にプロジェクトのどこにでも何でもドロップできるようになりました。

ディメンション項目、日付範囲およびセグメントの既存のサポートに加え、すべてのディメンションと指標をドロップできるようになりました。さらに、セグメントドロップゾーンにドロップされたときに「未指定」および「なし」のディメンション項目を処理する方法も改善されました。

この機能について詳しくは、 ドキュメント を参照してください。

このページ