Analysis WorkspaceのSegmentDropゾーンの改善

セグメントドロップゾーンが改善され、プロジェクトの任意の場所に真にドロップできるようになりました。

ディメンション項目、日付範囲およびセグメントに加えて、完全なディメンションおよび指標を削除できるようになりました。 さらに、セグメントドロップゾーンにドロップした場合の「未指定」および「なし」のディメンション項目の処理方法を改善しました。

この機能について詳しくは、ドキュメントを参照してください。

このページ