カスタムAnalyticsプロジェクトをより迅速かつ容易に作成するための7つのヒントとテクニック

Analysis Workspaceのスキルセットを広げろ!
Analysis Workspaceは、Adobe Analytics内で、より効果的な分析プロジェクトを作成するのに役立つ強力なツールです。任意の種類のフリーフォーム分析を実行できる広大な機能セットが用意されていますが、シンプルなユーザーエクスペリエンスにより、この機能とスケールにアクセスできます。

ビルド:適切なデータ・ポイントへのドリル・ダウン

ヒント1:任意のディメ ンション、 日付範囲、 セグメント、指標をプロジ ェクトの任意の部分にドロップします

セグメントやその他のコンポーネントを、任意のパネルの上部にあるセグメントドロップゾーンにドラッグ&ドロップするだけで、そのパネルを特定のデータポイントにすばやくセグメント化できます。 例えば、指標 "注文"をセグメントドロップゾーンにドロップして、注文が存在するヒットのみを表示するようにパネルをセグメント化できます。 コンポーネント内に存在しないデータ(注文のないヒットを確認するなど)でセグメント化する場合も、ディメンション項目「未指定」または「なし」をゾーンにドロップします。

ヒント

試してみましょう: 右クリックメニューには、効率性の世界が待っています。このメニューから、Analysis Workspaceワークフロー内の様々なツールや機能に直接アクセスできます。 疑わしい場合は、右クリックして、必要なツールや機能が近くにあるかどうかを確認します。

ヒント2:ワークフローを離れることなく、シンプルな指標を作成する

計算指標をすばやく使用すると、計算指標ビルダーに移動する代わりに、Analysis Workspaceで新しい指標を作成できます。 計算する指標列を選択し、右クリックメニューから「選択から指標を作成」を選択します。 さて、追加、減算、除算、乗算などを行うことができます。プロジェクトを離れて、思考の連鎖を壊す必要はありません。

ヒント

役立つヒント: クイック計算指標を使 用する場合は、最大2つの指標列を 選択できます。計算指標ビルダーを使用して、2つ以上の指標を含む指標を作成します。

視覚化:プロジェクト内でのデータの活用

ヒント3:ビジュアライゼーションおよびパネルの任意の場所でのコピーおよび挿入

ビジュアライゼーションとパネルを1か所から簡単にコピーし、別のプロジェクトに追加できます。 つまり、プロジェクトの成長に合わせてデータを簡単に移動でき、新しいユーザーと結果を共有できるので、分析を一から開始する必要がなくなります。 コピーするパネルまたはビジュアライゼーションを右クリックし、「ビジュアライゼーションをコピー」を選択し、空のパネルを右クリックして挿入します。

ヒント

要求の高い機能: お客様から、ビジュアライゼーションやパネルのコピーや挿入が簡単にできるように依頼されました。今では、インサイトを再作成する時間が減り、新しいインサイトを発見する時間が増えます。

ヒント4:1回のクリックで時間精度のビジュアライゼーションを切り替える

トレンドビジュアライゼーションの操作時に時間表示を簡単に変更できます。 以前のAnalysis Workspaceの反復では、時間を変更すると、ソーステーブルが非表示になり、新しいディメンションをドラッグしてから、テーブルを再び非表示にすることになりました。 これで、「ビジュアライゼーション設定」(右上の歯車)ドロップダウンメニューから適切なデモを行う時間の精度を選択するのと同じくらい簡単になります。

共有:他のユーザーが容易に結果を使用し、理解できるようにする

ヒント5:特定の事業単位 Virtual Report Suite のカスタムの作成

Adobe Analyticsは膨大な量のデータを収集します。 Virtual Report Suitesのコンポーネントのキュレーションを使用すると、管理者は、組織内の各ビジネスユニット用のデータセットを作成できます。 つまり、Analysis Workspaceで働くアナリストは、データを調べて、自分にとって最も重要なことを見つける必要はありません。 "Components"の下の仮想レポートスイートビルダーで、「仮想レポートスイートのコンポーネントのカスタマイズを有効にする」チェックボックスをオンにし、特定のチームの測定に一致するコンポーネントを選択します。

ヒント

役立つヒント: 特定のビジネスユニットの命名に合わせて仮想レポートスイート内のコンポーネ ントの名前を変更するこ ともできます。コンポーネントの横にある鉛筆アイコンをクリックし、新しい名前を入力します。

ヒント6:プロジェクト内またはプロジェクト間のパネルおよびビジュアライゼーションへのリンク

Analysis Workspace内の任意の場所でオーディエンスを取るリンクを作成します。 リンク先のパネルを右クリックし、「パネルリンクを取得」を選択して、をコピーします。 次に、リンク元のテキストをハイライト表示し、テキストボックスまたは説明のテキストエディターでリンクアイコンを選択して貼り付けます。 プロジェクト全体にリンクするには、「共有」タブをクリックし、「プロジェクトリンクを取得」を選択して、上記と同じ手順に従います。

ヒント

役に立つヒント: リンクを使用して読者の体験を向上させる方法がいくつかあります。プロジェクトの結果と推奨事項に一致する図を参照できます。 または、目的のセクションに、目次から直接ジャンプできるようにします。 また、分析に関連する他のユーザーのプロジェクトにリンクすることもできます

ヒント7:プロジェクトを再利用可能なカスタムテンプレートとして保存

任意のプロジェクトをカスタムテンプレートに簡単に変換できるようになりました。 「プロジェクト」ドロップダウンメニューから「テンプレートとして保存」を選択し、テンプレートを見つけやすいタグを追加して、「プロジェクトをテンプレートとして保存」をクリックします。 これで、「カスタムテンプレート」タブで、すべてのAnalysis Workspaceユーザーがテンプレートを使用できるようになります。 これにより、アナリストは、四角形から始めるのではなく、意味のあるデータポイントを使用してプロジェクトを開始できます。

ヒント

要求の高い機能: いくつかのお客様から、カスタムテンプレートとしてプロジェクトの保存を可能にするように求められました。今や、この機能は、お気に入りの1つになっています。

Experience Leagueのヒントとテクニックを参照するには、ここをクリックしてください

作成者について
ジェン・ラッサー Jen LasserはAdobe Analytics製品管理チームのマネージャーです。
この役割では、Adobe Analytics製品のロードマップを伝え、新しい製品機能を優先するために学習した内容を使用
し、お客様と共にビジネスニーズを理解し
ます。現在の職に就く前は、
JenはAdobeコンサルティングチームの主任コンサルタントで、データ視覚化、Analysis Workspace、Report Builderの分野で
件名の専門家として働いていました。

Sarahの実際のインサイトを活用して、Analysis Workspaceプロジェクトの作成、視覚化、共有を容易にするための次のヒントとテクニッ
クをキュレーションしました

このページ