カスタム Analytics プロジェクトをより迅速かつ簡単に作成するための 7 つのヒントとテクニック

Analysis Workspace スキルセットを拡大
Analysis Workspace はより効果的な分析プロジェクトを作成するのに役立つ、Adobe Analytics 内の強力なツールです。あらゆる種類のフリーフォーム分析を実行できる広大な機能セットが備わっていますが、シンプルなユーザーエクスペリエンスでこの機能とスケールにアクセスできます。

ビルド:適切なデータポイントへのドリルダウン

ヒント 1:ディメンション、 日付範囲、 セグメント、 または 指標 をプロジェクトの任意の部分にドロップする

セグメント またはその他のコンポーネントをパネル上部の セグメント ドロップゾーンにドラッグ&ドロップするだけで、そのパネルを特定のデータポイントにすばやくセグメント化できます。例えば、指標「注文」をセグメントドロップゾーンにドロップすると、パネルをセグメント化して、注文が存在するヒットのみを表示できます。コンポーネント内に存在しないデータ(注文のないヒットを確認する場合など)でセグメント化することもできます。そのためには、ディメンション項目「未指定」または「なし」をゾーンにドロップします。

ヒント

お試しください: 右クリックメニューを使用すると、効率性が向上します。このメニューから、Analysis Workspace ワークフロー内の様々なツールや機能に直接アクセスできます。不明な場合は、右クリックして、必要なツールや機能がそこにあるかどうか確認します

ヒント 2:ワークフローを開いたまま、シンプルな指標を作成する

クイック 計算指標 を使用すると、 計算指標 ビルダーに移動しなくても、Analysis Workspace で新しい 指標 を作成できます。計算する 指標 列を選択し、右クリックメニューから「選択から指標を作成」を選択します。これで、プロジェクトを離れたり、思考の流れを中断することなく、加算、減算、除算、乗算などを行うことができます。

ヒント

役立つヒント:​クイック 計算指標 を使用する際に、最大 2 つの 指標 列を選択できます。計算指標 ビルダーを使用すると、2 つ以上の 指標 を含む 指標 を作成できます。

視覚化:プロジェクト内のデータの活用

ヒント 3:任意の場所にビジュアライゼーションとパネルをコピーして挿入する

ビジュアライゼーションとパネルを 1 つの場所から簡単にコピーし、別の場所に(たとえ別のプロジェクトであっても)追加できます。つまり、プロジェクトの拡大に合わせて簡単にデータを移動し、新しいユーザーと結果を共有できるので、分析を最初から始める必要がなくなります。コピーするパネルまたはビジュアライゼーションを右クリックし、「ビジュアライゼーションをコピー」をクリックしてから、空のパネルを右クリックして挿入します。

ヒント

要望の多かった機能: お客様から、ビジュアライゼーションやパネルのコピーと挿入を簡単にするように要望がありました。インサイトの再作成にかかる時間を短縮し、新しいインサイトを発見する時間が増えました。

ヒント 4:1 クリックで時間精度のビジュアライゼーションを切り替える

トレンドビジュアライゼーションの操作時に、時間表示を簡単に変更できます。以前の Analysis Workspace の反復では、時間を変更すると、ソーステーブルを再表示し、新しい ディメンション をドラッグしてから、テーブルを再び非表示にする必要がありました。今では、「ビジュアライゼーション設定」(右上の歯車)ドロップダウンメニューから、表示する時間の精度を選択するのと同じくらい簡単になりました。

共有:他のユーザーが結果を簡単に使用および理解できるようにする

ヒント 5:特定の事業部門のカスタム Virtual Report Suite を作成する

Adobe Analytics は膨大な量のデータを収集します。Virtual Report Suites のコンポーネントキュレーションにより、管理者は組織内のすべての事業部門向けにデータセットを作成できます。つまり、Analysis Workspace で作業しているアナリストは、データを精査して最も重要な情報を探す必要がありません。仮想レポートスイート ビルダーの「コンポーネント」の下にある「仮想レポートスイートコンポーネントのカスタマイズを有効にする」チェックボックスをオンにして、特定のチームが測定するものと一致する コンポーネント を選択するだけです。

ヒント

役立つヒント: 特定のビジネスユニットの命名法に一致するように、 仮想レポートスイート 内のコンポーネントの名前を変更することもできます。コンポーネントの横にある鉛筆アイコンをクリックして、新しい名前を入力するだけです。

ヒント 6:プロジェクト内またはプロジェクトをまたいでパネルとビジュアライゼーションにリンクする

Analysis Workspace 内の任意の場所にオーディエンスを誘導するリンクを作成します。リンク先のパネルを右クリックし、「パネルリンクを取得」を選択してコピーします。次に、リンク元のテキストをハイライト表示し、テキストボックスまたは説明のテキストエディターでリンクアイコンを選択して貼り付けます。プロジェクト全体にリンクするには、「共有」タブをクリックし、「プロジェクトリンクを取得」を選択して、上記と同じ手順に従います。

ヒント

役立つヒント: リンクによって読者のエクスペリエンスを向上させる方法はいくつかあります。プロジェクトの結果や推奨事項に一致する図を示すことができます。または、目次から関心のあるセクションに直接ジャンプできます。分析に関連する他のユーザーのプロジェクトにリンクすることもできます

ヒント 7:プロジェクトを再利用可能なカスタムテンプレートとして保存

任意のプロジェクトをカスタムテンプレートに簡単に変換できるようになりました。 「プロジェクト」のドロップダウンメニューで「テンプレートとして保存」を選択し、テンプレートを見つけやすくするタグを追加して 「プロジェクトをテンプレートとして保存」をクリックするだけです。これで、すべての Analysis Workspace ユーザーが「カスタムテンプレート」タブでテンプレートを使用できるようになります。これにより、アナリストはプロジェクトをゼロから開始するのではなく、意味のあるデータポイントから開始できます。

ヒント

リクエストの多かった機能: 複数のお客様から、プロジェクトをカスタムテンプレートとして保存できるようにしてほしいという要望がありました。今では、人気の機能の 1 つになっています。

Experience League に関するその他のヒントやコツを確認するには、ここをクリックしてください

作成者について
Jen Lasser Jen Lasser は Adobe Analytics 製品管理チームのマネージャーです。
この役割において、彼女は顧客と会ってビジネスニーズを理解し、
学んだことを Adobe Analytics の製品ロードマップ
に反映し、新しい製品機能の優先順位をつけます。現在の職務に就く前は、
アドビコンサルティングチームの主任コンサルタントで、
データのビジュアライゼーション、Analysis Workspace、Report Builder の対象分野のエキスパートを務めました。

彼女の実体験に基づいたインサイトを活用して、
Analysis Workspace プロジェクトを容易に構築、視覚化、共有するのに役立つ、次のヒントとコツをキュレートしました。

このページ