Adobe Analytics のラーニングジャーニーを継続するためのお客様向けヒント

この記事では、Adobe Analytics を最大限活用する方法に関するヒントやテクニックをお持ちの、アドビの 3 人のお客様を紹介します。

Adobe Analytics のラーニングジャーニーの継続方法

ベテランの Adobe Analytics ユーザーからのヒント

顧客:
Jason Klapmeier
3M、グローバル分析機能リーダー
Jason Klapmeier 学び続けると、Adobe Analytics で素晴らしいことができます
「Adobe Analytics の専門知識が成長するにつれて期待できることを経験していただけるように、Adobe Analytics の機能を最大限に活用できる興味深い機能についていくつか順を追って説明したいと思います。

  • 複雑なセグメントの作成
  • 最も重要な指標の定義
  • 独自のエンゲージメントインデックスの作成
  • 予測分析への取り組み」

Jason のヒントを読む
顧客:
Jason Jamnik
Follett Corporation の分析マネージャー
Jason Klapmeier 私が Adobe Analytics の使用に関するエキスパートとなったときに使用したヒントを紹介します
「基本で立ち止まらないでください。Adobe Analytics の基本を習得したのであれば、学習を継続することで、ますます複雑なユースケースに取り組むことができます。私が使用したリソースと、新しいアナリストが Follett のチームに参加するときに伝えるヒントはこちらです。」

Jason のヒントを読む
顧客:
Sam Liss
Equinox、分析エンジニア
Sam Liss 別の分析製品から Adobe Analytics に移行するためのヒント
「別の分析プラットフォームを利用している場合は、よりカスタマイズ可能なガバナンス、より高度なセキュリティ、多数のマーケティングとデータプラットフォームの統合の世界に乗り出そうとしがちですが、 フリーフォームテーブル と フロー のビジュアライゼーションが他の分析プラットフォームで経験したものとどのように異なるかを順を追って説明します。」

Sam のヒントを読む

このページ