クロスタブ分析を使用した Analysis Workspace の基本的なマーケティングアトリビューションの調査

Adobe Analytics でアトリビューション手法を次のレベルまで引き上げる方法は数多くあります。このビデオでは、Workspace のクロスタブ分析を使用して、 マーケティングチャネルレポートからより深いインサイトを引き出す方法を重点的に説明します。

更新:このビデオが公開されてから、Workspace にいくつかの改善が加えられました。このビデオには知っておくべき素晴らしいヒントを紹介しているため、ライブのままにしておきます。

最初に、マーケティングアトリビューション分析をさらに進めるのに役立つ Attribution IQ 機能を確認してください。これには、次のビデオおよび関連するビデオが含まれます。

次に、このビデオの手順に従っている場合は、フリーフォームテーブルビルダーを使用してテーブルを設定できることに注意してください。

  • 3:20 - クロスタブディメンションは、ドロップした際に自動的に動的となり、値は時間の経過と共に変化する可能性があります。この分析では、代わりに静的列を引き継ぐことをお勧めします。動的な列について詳しくは、ビデオの フリーフォームテーブルの行および列設定 (6:33)を参照してください。
  • 4:30 - 列の設定を 1 列ずつではなく、一括で更新できるようになりました。詳しくは、ビデオの 「フリーフォームテーブルの行および列設定」(8:45)を参照してください。

このトピックについて詳しくは、 ドキュメント を参照してください。

このページ