内部 Adobe Analytics サイトの作成(Confluence またはその他)

対象:このヒント のレコメンデーションに従ってトレーニングドキュメントを作成する場合、ハードドライブ上に保持できません。 これらのドキュメントを共有し、すべてのユーザーが参照できる一元的な場所を作成します。内部の Adobe Analytics サイト(Confluence など)では、これらのドキュメントをすべて投稿し、様々なバージョンを維持できます。

理由:​単一の共有リポジトリを設定すると、すべての新規ユーザーを 1 箇所で管理し、すべてのドキュメントの最新バージョンに関して、単一の情報源を提供できます。最適なバージョン管理と共同作業が可能です。

方法:​この内部サイトのセクションに対する推奨事項を次に示します。

  • 概要:アクセス方法、連絡先、ログイン方法、JIRA チケットの作成方法、ヘルプの取得先など。
  • タグ付けドキュメント:プロパティドキュメント、タグ付けドキュメント、コードテンプレートなど。
  • ナレッジドキュメント:ここで命名規則を投稿できますが、トレーニングビデオと同じ目的を持つナレッジドキュメントも投稿できます。例:ダウンロードの追跡方法、クーポンの追跡方法など。
  • トレーニングドキュメント:基本および高度なトレーニングセッション、5 ~ 10 分の短編ビデオ。また、Experience League、YouTube チャネルなど Adobe リソースにリンクを提供できます。
  • 管理者ドキュメント:SAINT ファイル、JS ファイル、管理者向けのナレッジドキュメント(データフィードなど)。

また、新しいアカウントを作成する際に、「Adobe Analytics へようこそ」というメールで、このサイトへのリンクを共有する(トレーニングセクションをハイライト表示する)ことをお勧めします。

作成者

このドキュメントの共同作成者:

Christel Guidon

Christel Guidon(デジタル分析プラットフォームマネージャー、NortonLifeLock)
Adobe Analytics Champion

Rachel Fenwick

Rachel Fenwick(アドビ のシニアコンサルタント)

このページ