アダプティブフォームのレコードのドキュメントを生成するための推奨ワークフロー

レコードのドキュメント(DoR)には、アダプティブフォームへの変換時に入力した情報が記録されるため、後で確認することができます。
DoR では、ベーステンプレートを使用してレイアウトが定義されます。 デフォルトのテンプレートを使用して DoR を生成することも、別のテンプレートをアダプティブフォームに関連付けることによって DoR を生成することもできます。

生成後のレコードのドキュメント

DoR の生成方法については、「アダプティブフォームにおけるレコードのドキュメントの生成」を参照してください。

自動フォーム変換サービスでは、以下のソースフォームをアダプティブフォームに変換することができます。

  • 非対話型 PDF フォーム
  • AcroForms
  • XFA ベースの PDF フォーム

変換するソースフォームに応じて、以下の方法で DoR を生成することができます。

  • デフォルトのテンプレートを使用する。
  • ソースフォームをテンプレートとして使用する。この方法の場合、変換サービスにより、ソースフォームが DoR テンプレートとして変換後のアダプティブフォームに自動的に関連付けられます。
  • 別のテンプレートを変換後のアダプティブフォームに関連付ける。

以下の図で、DoR テンプレートが生成後の DoR のレイアウトにどのように影響するかについて説明します。

ソースフォーム

生成後の DoR

デフォルトのテンプレートを使用して DoR を生成した場合:

ソースフォームをテンプレートとして使用して DoR を生成した場合:

この図を見てわかるように、ソースフォームをテンプレートとして使用した場合、ソースフォームのレイアウトが DoR でも維持されます。
ここでは、3 種類のソースフォームについて、DoR を生成するための推奨ワークフローを説明します。

ソースフォーム DoR の生成方法

非対話型 PDF フォーム

AcroForms または XFA ベースの PDF フォーム

非対話型 PDF フォーム用の DoR を生成する

非対話型 PDF フォームをソースフォームとして使用して自動フォーム変換サービスを実行する場合、以下に示すいずれかの方法で DoR を生成することができます。

  • アダプティブフォームに変換する前に DoR の生成機能を有効にして、デフォルトのテンプレートを使用して DoR を生成する
  • アダプティブフォームへの変換後にアダプティブフォームのプロパティを編集し、デフォルトのテンプレートまたは別のテンプレートを使用して DoR を生成する

アダプティブフォームに変換する前に DoR の生成機能を有効にして、デフォルトのテンプレートを使用して DoR を生成する

  1. ツールクラウドサービス自動フォーム変換の設定/変換処理で使用するクラウド設定のプロパティ/詳細レコードのドキュメントを生成​の順に選択して、設定を行います。

    クラウド設定を使用してドキュメントのレコードを生成する

  2. 保存して閉じる」をタップして設定を保存します。

  3. 変換処理を実行します。 その際、必ず手順 1 で編集したクラウド設定を使用してください。
    変換後のアダプティブフォームを送信すると、デフォルトのテンプレートを使用して自動的に DoR が生成されます。

変換後にアダプティブフォームのプロパティを編集し、DoR の生成機能を有効にする

変換処理の前に DoR の生成機能を有効にしなかった場合でも、変換後に有効にすることができます。

  1. 非対話型 PDF フォームで変換処理を実行して、アダプティブフォームを生成します。

  2. 生成されたアダプティブフォームを output フォルダーで選択して「プロパティ」をタップします。

  3. フォームモデル」タブの「レコードのドキュメントのテンプレート設定」セクションを展開して「レコードのドキュメントを生成」を選択します。

    レコードのドキュメントを生成

  4. 保存して閉じる」をタップして設定を保存します。

変換後のアダプティブフォームを送信すると、デフォルトのテンプレートを使用して自動的に DoR が生成されます。 別の DoR テンプレートを変換後のアダプティブフォームに関連付ける場合は、「フォームテンプレートをレコードのドキュメントテンプレートとして関連付ける」オプションを選択します。

AcroForms または XFA ベース PDF フォーム用のレコードのドキュメントを生成する

AcroForms または XFA ベース PDF フォームをソースフォームとして使用して自動フォーム変換サービスを実行する場合、以下に示すいずれかの方法で DoR を生成することができます。

  • アダプティブフォームに変換する前に DoR の生成機能を有効にして、ソースフォームをテンプレートとして使用して DoR を生成する

  • アダプティブフォームへの変換後にアダプティブフォームのプロパティを編集し、デフォルトのテンプレートまたは別のテンプレートを使用して(または、ソースフォームをテンプレートとして使用して)DoR を生成する

アダプティブフォームに変換する前に DoR の生成機能を有効にして、ソースフォームをテンプレートとして使用して DoR を生成する

  1. ツールクラウドサービス自動フォーム変換の設定/変換処理で使用するクラウド設定のプロパティ/詳細レコードのドキュメントを生成​の順に選択して、設定を行います。

  2. 保存して閉じる」をタップして設定を保存します。

  3. 変換処理を実行します。 その際、必ず手順 1 で編集したクラウド設定を使用してください。
    変換サービスにより、AcroForms または XFA ベース PDF フォームが DoR テンプレートとして変換後のアダプティブフォームに自動的に関連付けられます。
    アダプティブフォームのプロパティを開くと、「フォームモデル」タブの「レコードのドキュメントのテンプレート設定」セクションに DoR テンプレートが表示されます。

    アダプティブフォームのプロパティを編集してレコードのドキュメントを生成する

    変換後のアダプティブフォームを送信すると、ソースフォームをテンプレートとして使用して、自動的に DoR が生成されます。

変換後にアダプティブフォームのプロパティを編集し、DoR の生成機能を有効にする

  1. 非対話型 PDF フォームで変換処理を実行して、アダプティブフォームを生成します。

  2. 生成されたアダプティブフォームを output フォルダーで選択して「プロパティ」をタップします。

  3. フォームモデル」タブの「レコードのドキュメントのテンプレート設定」セクションを展開して「レコードのドキュメントを生成」を選択し、デフォルトのテンプレートを使用して DoR の生成機能を有効にします。
    または、「フォームテンプレートをレコードのドキュメントテンプレートとして関連付ける」オプションを選択し、ソースフォームをテンプレートとして使用して、または別のフォームテンプレートを使用して、DoR の生成機能を有効にすることもできます。

  4. 保存して閉じる」をタップして設定を保存します。

このページ