Campaign のデータビューについて

すべてのキャンペーン管理ビュー (Campaigns, Packages, Placements、および Adsを参照 )、データテーブル内に表示されるデータをカスタマイズできます。 データは、次の方法でカスタマイズできます。

  • 表示セレクターからビューを選択するか、既存のビューの列を編集して変更を一時的に適用するか、カスタムの列ビューを作成して、データ列とその順序を指定します。

    各キャンペーン管理レベル (Campaigns, Packages, Placements、および Ads) には、組み込み Pacing および Performance ビューに含まれているエンティティの関連指標が表示されます。 デフォルトでは、 Pacing ビューが表示され、パフォーマンスの低いキャンペーンとキャンペーンのコンポーネントを一目で特定できます。 オプションで、 列表示を変更する パフォーマンスデータを表示するには ( Performance 表示 ) または保存されている列セット。 オプションで、 列を編集 (内) Pacing または Performance 変更を一時的に適用する場合に表示します。

    また、 カスタム列セット 任意の順序で、必要な列を含む

    列表示セレクター

    列表示エディターでは、すべての指標がカテゴリ別にアルファベット順に表示されます。 Settings, Spend, Pacing, Reporting (DSPが追跡する標準指標 ) Viewability、および Conversions. 指標に「(Lifetime)」の戻り値を検索すると、ページで選択した日付範囲に関係なく、キャンペーンの開始時点からの戻り値が返されます。

    列表示エディター

    DSPでは、最新のビューがデフォルトのビューとして保存されるので、ページに戻るたびに、関連のある指標が常に表示されます。

  • 適用 フィルター をクリックして、現在のタブに表示されるデータを変更します。 使用可能なフィルターは、エンティティのタイプによって異なりますが、エンティティ名、ステータス、追加のプロパティ列などが含まれる場合があります。

  • すべての標準ビューとカスタムビューで使用される日付範囲を変更します。

  • 任意の列の値でデータを並べ替え.

  • ページの右下に 25 行、50 行、100 行を表示するかどうかを制御します。

このページ