実装の前提条件と主な情報 Analytics for Advertising Cloud

Advertising Cloud DSPとAdvertising Cloud Searchの広告主

Advertising CloudをAdobe Analyticsと統合する前に、次の情報を確認してください。

でのAdvertising Cloudデータのレポートの要件 Analytics

  • 次のいずれかを実行します。
    • Adobe Experience Platform Web SDK: alloy.js
    • Experience CloudID サービス: visitorAPI.js バージョン 2.0 以降
  • Adobe Analytics( Prime, Premiumまたは Ultimate)
  • Adobe Analytics: appMeasurement.js バージョン 2.1 以降
ヒント

データの正確性を向上させるには、各ライブラリの最新バージョンを使用します。

Analytics セグメントをAdvertising Cloudと共有するための要件

  • Experience CloudID サービス: visitorAPI.js バージョン 2.1 以降
  • Adobe Analytics: appMeasurement.js バージョン 1.8 以降

報告の要件 Analytics Advertising Cloudのデータ

Advertising Cloud実装チームに以下の情報を提供します。

  • この Analytics 有料メディアアクティビティのレポートや、Advertising Cloudでの最適化とレポートのためのサイトアクティビティのフィードに使用されるレポートスイート ID です。
  • 会社のExperience Cloud組織 ID (組織 ID)。

これらの ID はどちらも Adobe Experience Cloud Debugger の「概要」タブ.

Experience Cloud Debugger概要画面

Analytics Advertising Cloudのデータ

理由: Analytics レポートと最適化のためにデータがAdvertising Cloudに送信される場合、データは、Advertising Cloudの広告主に対して設定されたインプレッションウィンドウやクリックルックバックウィンドウを含むアトリビューションルールに従います。

Advertising Cloudの広告主レベルのルックバックウィンドウ設定

  • Advertising Cloudアトリビューションクリックルックバックウィンドウ:最初のクリックが発生してからの日数。クリックはコンバージョンに関連付けられます。 デフォルトでは、この値は 60 日です。最大 90 日

  • Advertising Cloudアトリビューションインプレッションのルックバックウィンドウ:インプレッションがコンバージョンに関連付けられる広告インプレッションが発生してからの日数。 デフォルトでは、この値は 14 日です。最大 30 日

    メモ

    インプレッションのルックバックウィンドウはAdvertising Cloudに固有で、 Analytics for Advertising Cloud、レポート。

この Analytics for Advertising Cloud JavaScript では、これらの設定を使用して、ビュースルーエントリまたはクリックスルーエントリをサイトへの有効と見なすまでの距離を判断します。 ビュースルー数とクリックスルー数の決定方法について詳しくは、Analytics で使用されるAdvertising Cloud ID."

Advertising Cloudでのデータ Analytics

Analytics は、広告主のeVar永続化設定に従って、Analytics ヒット内にAdvertising Cloud ID(AMO ID) を設定します。この設定は、クリックスルーとビュースルーの両方に適用されます。 永続性設定は、Advertising Cloudのバックエンドで設定され、 Adobe アカウントチームが変更できます。

  • Analytics for Advertising Cloud eVarの有効期限:AMO ID のデフォルトで 60 日間
メモ

別の期間でデータをセグメント化するには、次の操作を実行します。 カスタムセグメントの設定 Analysis Workspace内の様々なルックバックウィンドウを使用できます。

サポートされる広告環境

  • 検索
  • 表示
  • ビデオ
  • オンラインビデオ
  • ネイティブ

お問い合わせ Adobe 各チャネルでサポートされる最新の広告環境については、アカウントチームにお問い合わせください。

導入の前に知っておくべきこと

  • Advertising Cloud実装チームが統合を設定します。

  • この統合に対して追加のコストは請求されず、サーバー呼び出しによって追加の費用が発生することもありません Analytics Advertising Cloud料

  • Analytics for Advertising Cloud は、広告サーバーに依存しません。ビュースルーまたはクリックスルーは、任意の広告サーバーから発生する場合があり、サイトへのエントリ時に適切な ID が生成されます。

  • 統合が渡すのは Analytics 後続の有料メディアおよび広告活動の入札最適化のための標準およびカスタムイベントをAdvertising Cloudに送信。 合わない Analytics セグメント、計算指標、eVar(Advertising Cloudへの eVar) を使用して、入札を最適化できます。

  • Advertising Cloudが内で永続的な ID を作成する Analytics ユーザーがサイトに入る前にクリックまたは表示された最後の広告に基づき、 クリックおよびビュースルーのルックバックウィンドウ Advertising Cloudで設定されます。 サイト訪問者がプロファイル内で両方のタイプのサイトエントリインタラクションをおこなう場合で、クリックがルックバック期間内の場合、訪問者のクリックスルー ID は、サイトレポートのビュースルー ID よりも優先されます。

  • Analytics for Advertising Cloud Adobe Analyticsのコンバージョントラッキングでは、設定可能なトラッキングルックバックウィンドウが使用されます(デフォルトで 60 日間)。 Advertising Cloudレポートは、このトラッキングルックバックウィンドウの終わりに、サイトのコンバージョンとエンゲージメントを反映しています。

  • すべての広告タイプがサポートされています。 ただし、一部の広告環境がサポートされているわけではありません。

    例えば、接続された TV(CTV) 広告は、CTV でクリックが発生せず、同じデバイスでコンバージョンが発生しないので、追跡されません。 ただし、広告がデスクトップ環境内で表示される場合、一部のビュースルーサイトエントリデータが追跡される可能性があります。

  • Analytics コンバージョンは現在追跡されており、同じデバイス上の訪問者にのみ関連付けられます。

  • Analytics for Advertising Cloud では、アプリ内ビュースルーコンバージョンをサポートしていません。

  • ビュースルートラッキングは、 Analytics.

追加の ID

サイトにExperience CloudID サービスを実装すると、 Analytics またはAdvertising Cloudには追加の ID が含まれています。

例: sdid=2F3C18E511F618CC-45F83E994AEE93A0

正確なデータ統合のために、 Analytics for Advertising Cloud コンテンツを配信または目標指標を記録するアクティビティには、対応する Analytics 同じ追加の ID を共有するヒット。

を使用して Analyticsに設定する場合は、 Analytics ヒット数。 内 Adobe Experience Cloud Debuggerの場合、この ID は「 Advertising Cloud 」タブで sdid パラメーター。

メモ

この実装は、 Analytics for Target 統合とも呼ばれます。

このページ